夏の終わりに(つづき)

ウェールズ訪問:ボーマリスの海辺    

f0101220_02421084.jpg母の命日に彼女が熱心な野球ファンということを書いたところ、様々なコメントをいただきました。しかし野球ファンというのは母のほんの一面なのであと少しだけ追記して、命日のしめくくりにします。                       大正生まれの母、女性の生き方としては、結婚して専業主婦になるという選択しかなかった時代。しかし、本当は『コンサート・ピアニストになりたかった』のだと聞いています。20歳で結婚するまで熱心にピアノの練習に励んでいましたが、見合い結婚した相手(私の父)が音楽に関心がないので次第に弾かなくなったとか、、そして第二次世界大戦が勃発。もはやピアノどころではなくなりました。母の父親が赴任先のドイツから送らせたシュタンウェイのピアノを、二足三文で売却して租界したのでした。(なんともったいない!)世が世なら母はピアニストとして活躍したかもしれません?

母が50年遅く生まれて来ていたら?生き方の可能性はぐーんと拡がったことでしょうに、と思うところが多々あります。父親(私の祖父)が造船技師であったせいか、母はメカにめっぽう強く、自宅の家電や配線系統、ミシンなどが故障しても、器用に自分で修理していました。(私は父に似て、不器用、ムリ)母がエンジニア?コンピューター技師に?私にはその才能皆無ですが、母だったら、充分成功したのでは?
そう考えると、人は生まれた時代によって、社会によって作られるのだと思います。
 あまり母のことを褒めるのも気が引けますが、最後に、彼女はオシャレのセンス抜群でした。後期印象派のエドワルド・ヴイヤールの描く女性像の雰囲気がある、といっては少し褒め過ぎですが。戦争直後、物のない時代にどこから見つけてきたのか、私に赤いサンダルシューズを買って来てはかせ,『良く似合うわ』とうれしそうにしていました。あんな素敵なサンダルシューズ、今でも中々見かけないです。

GCCのサイトもよろしく→http://www.gcctokyo.com

# by yoshikos11 | 2017-08-28 03:47 | Comments(2)

夏の終わりに

f0101220_21311963.jpg
長かった夏も終わろうとしています。7月&8月GCCの講座の報告も山積
又旅の思い出も色々ありますが、ブログを印す暇もないほど忙しく過ごした
夏でした。諸々の報告は徐々にすることにします。

今日は母の7回目の命日なので、母の思い出を一つ書くことに。
母は野球の観戦が大好きで、94歳で亡くなるまで生涯の巨人ファン。
晩年施設に入居してからもっぱら男性入居者と野球談義で盛り上がっていた様子でした。「おばあさんたちとは話題が合わなくて」と良く言ってました。

高校野球にも熱中していました。母が倒れて緊急入院した日は、甲子園で決勝戦が行なわれた翌日。沖縄の興南高校が優勝。取るものも取りあえず病院へ駆けつけた私は、母のためにスポーツ新聞を買って持参することは忘れませんでした。病室でその話題に付き合って2日後に母は息を引き取りました。

母が乗り移ったのか、以来、私まで高校野球に目が離せなくなっています。折しも今日は決勝戦が行なわれ埼玉代表の花咲徳栄高校が圧勝し大騒ぎでした。

勝利し感涙にむせぶ若者と、敗北して悔し涙にくれる若者、明暗が別れますが、全てをかけて全身全霊で闘ったものたちの清々しさは常に感動を呼びます。
ああ、母はこうした感動の瞬間を味わっていたのだろうかと思いながら、
命日のこの日を迎えるのが常になりました。

母の思い出は一冊の本にしたいのですがまだ着手できずにいます。スポーツファンというのは彼女のほんの一面に過ぎず、それだけでは天国の母から苦情が届きそうですね!

# by yoshikos11 | 2017-08-23 22:47 | Comments(8)

映画『ローマ法王になる日まで』

 
f0101220_12355853.jpeg
先日紹介した『光をくれた人』に引き続き、今日は現役のローマ教皇・法王(フランシスコ教皇)の経歴を取り扱った表題の映画について書きます。監督はイタリアのダニエーレ・ルケッティという人〜過去にはカンヌ国際映画祭などで賞を取っています。
 さて教皇のストーリーというと、ホーリーな内容で信者向けの映画かと思われる方も多いのではと想像しますが、ルケッティ監督自身もクリスチャンではなく、彼の言葉を借りると『カトリック以外の信仰を持たない人たちにも、充分語り得る物語だ』とのこと。

 アルゼンチン出身のフランシスコ教皇は大学を出てしばらくは科学者志望でしたが、一心発起してカトリックの司祭になりました。時代は軍事政権下、国民は思想や行動を徹底的に統制され「恐怖政治」が支配していました。
 一方で貧困の問題が深刻で国民の多くは生活苦にあえいでいました。そんな状況下で社会活動家も台頭し若き司祭フランシスコ(本名・ベルゴリオ)は、一時身体を張って彼らを神学校に匿ったり、異国へ逃したりと、まるでサスペンス映画を見るような展開です。
 また志の高い仲間の司祭たちの中には、恵まれない人々を救おうとシェルターを運営したり、社会改革の実現を試みたりしましたが、反政府運動家と見なされ彼らはことごとく、軍部に抹消されました。ベルゴリオの喪失感と苦悩は募る一方でした。そんなとき教会の上層部は地位を守るためか軍部の意のままなすがまま、頼りになりません。

 そうした過酷な社会下でベルゴリオは常に弱者と苦しむ人たの仲間であり続け、彼らを守るために時には身を呈して権力者との闘いに挑みます。
ルケッティ監督はアルゼンチンで調査をした際、かつてのベルゴリオを知る地元の人々は『彼は常に心配を抱えていた』『彼の笑顔を見たことがない』『教皇になってから初めて彼の笑顔を見た』と語ったと言います。まさに「苦労人」「他者の苦しみを分かる人」といえましょう。
 そのような人材がなぜ今、満場一致でカトリック教会のトップの座(法王)に選出されたのか、答えは映画を見た人たちがそれぞれに考えることではないか、ルケッティ氏は我々に立ち止まって考えるように一石を投じたように思いました。

 
 
 

# by yoshikos11 | 2017-06-26 12:38 | Comments(0)

GCC8期トレーニングコース・第3期技法講座 ニュース

  GCC講座のニュースが遅れましたが、5月20日(土曜)には川島大輔先生(中京大学心理学部准教授)をお招きして『死生心理学』について講義とワークのご指導をいただきました。グリーフ・カウンセラーになるために「生と死」のテーマを系統的に学習することは大切で、川島先生はその意味で最適任の教育者です。第8期トレーニング・コースの受講生たちは有意義なブレーンストーミングを経験しました。   
  また6月18日(日曜)には第3期技法講座がスタート。トップバッターには得丸定子先生(上越教育大学名誉教授)がご登壇。『マインドフルネス:ストレス低減法』について理論と実践のご指導をして下さいました。現代人にとってストレス低減は耳寄りのお話、得丸先生によると一つでも多くストレス対抗としての秘密兵器を持っていることが得策と言われ、マインドフルネスが最も効果的だということをひも解いて下さいました。 (写真右下:得丸定子先生と筆者 写真下左:ご講演中の川島大輔先生。)                                                          
f0101220_20020281.jpgf0101220_20012472.jpg

# by yoshikos11 | 2017-06-21 20:27 | Comments(1)

映画・光をくれた人

f0101220_00190004.jpg現在都内で上映中の映画『光をくれた人』(M.L.ステッドマンの小説 "The Light between Oceans"の映画化 ) を鑑賞して来ました。この作品、ペーパーバックを昨年購入、表紙の灯台の写真に惹かれました。灯台は、GCCのシンボルマークでもあります。この映画、ストーリーはさておき、映像の美しさは息をのみます。タスマニアの海の景色はゴージャスそのもの。朝日と夕日に映える海はターナーの絵のよう。夜は満天の星空を映し出しゴッホの絵を思い出します。そして台風が灯台を襲った日、特殊撮影による強風と豪雨が窓を叩き付けるシーンはホラー映画のよう〜あまりのショックで灯台守の妻は流産してしまいます。

ストーリーはグリーフの視点からも注目の作品です。灯台守として孤島に赴任した新婚カップルの話ですが、妻は待望の赤ちゃんを授かったものの、一人目は台風の日に流産、二人目は死産で亡くすのです。(周産期にまつわるグリーフは大切なテーマ)カップルにとって赤ちゃんの喪失が夫婦関係にも多大な影響が、、
喪失後のストーリーの展開はサスペンス的でもあり飽きさせません。お薦めの一作です。


                                                                   


# by yoshikos11 | 2017-06-11 01:12 | Comments(0)

英国グリーフ・トラウマ・ケア 支援団体 CRUSE のこと

f0101220_00410695.jpg 前回、英国のCRUSE (グリーフ・トラウマ・ケア支援団体)について触れましたが、その歴史は古く1959年にロンドンで創立しました。以前、会員の方から聞いた話では、ご主人を亡くした婦人が私財を投じてサポート・グループを始めたことに端を発しているとのこと。
 現在、イングランド、ウェールズ、アイルランドを統合している全国ネットワークで、個別カウンセリング、電話およびメール相談、支援者の養成講座を実施していて、その資金は全てチャリティでまかなわれています。
 ちなみに年間£5,000,000 (約7億円)の資金が必要だそうです。恐らく政府からの助成金もあると推測しますが(チャリティ団体として認知されているので)大半は一般人の寄付やファンドレイジングに頼っているようです。サイトでファンドレイジングへの参加を呼びかけています。
 CRUSEに限らず、Helen &Douglas House (子どもホスピス・創始者シスター・フランシス・ドミニカ)などもファンドレイジングを勢力的に行なっていますが、チャリティが国民全体に理解され支持されている英国ならではの、英国だから可能な事業なんだと痛感します。

 さて私がCRUSE と初めて出あったのは2005年7月、ロンドンで開催された第7回CRUSE 国際大会への参加でした。折しもロンドンでテロ爆破事件が勃発し、地下鉄・デッカーバスが襲撃された1週間後のことでした。地下鉄車内で3箇所、デッカーバス1箇所の連鎖的な爆発、死者50名、負傷者100数名を出しました。
 世界各国から死生学・グリーフ学の関係者が渡航の準備万端整えていた時点での事件発生でした。私もそうでしたが、おおかたの関係者は「恐らくCRUSE は大会を中止するだろう」と予想していました。
 ところがさすがグリーフ・トラウマ・ケアの勇者たちですね。CRUSEはテロには屈しませんでした。組織委員会は『こんな時だからこそ私たちは一致団結してロンドンに集まろう!』と開催を宣言したのでした。
 ロンドン市内では未だ、一部、地下鉄駅は閉鎖中、路線も運休中で、通勤には自転車や徒歩でという人々も多数いました。さすがに公共の交通機関は恐ろしくて利用できず、私はタクシーを使って、かなり緊張して学会の会場に3日間通いました。そんなある日、一日の緊張を和らげたくて帰路、トラファルガー広場の当たりを散歩していたときのこと、広場に大勢の市民が集まって爆破事件の犠牲者のために追悼会を行なっていました。

 遠い日本からこのタイミングでロンドンにやってきたこと、そして偶然に追悼会へ出くわしたことなど、偶然にしては不思議な気持になりました。犠牲者とその家族のことに思いを馳せて、そこに集まっている人たちと共に、祈りを捧げました。CRUSEといえばこの出来事を思わずにはいられません。
 

 
 

# by yoshikos11 | 2017-05-31 00:54 | Comments(3)

マンチェスター爆破事件(つづき)

f0101220_01573049.jpgf0101220_01103158.jpg
マンチェスター爆破事件の投稿に対してたくさんのコメントをいただきありがとうございました。私のことを心配して下さった方々、恐縮です。

前述のとおり、英国のトラウマ・グリーフケアは世界的にも最先端をいっています。特に有名な団体はCRUSE UK といって全国ネットワークです。
下記URL を紹介します。http://www.cruse.org.uk/?gclid=CObBt-a3kNQCFYiTvQodgWINrg
事件の直後にはトップ頁で『この事件で犠牲になった方々へお悔やみ申し上げます』とあり、このニュースが更新されている。ホットラインへのコンタクトも紹介されて、、
(左の写真は、CRUSE 創設の功労者・グリーフ学の著名な研究者でもある精神科医のC.M. パークス先生・奥様と一緒)

パークス先生は、世界各地で勃発したトラウマ的な事件、テロ、政変、災害、飛行機事故などに立会ってきたトラウマ・ケアの第一人者です。
特に米国9.11事件の直後、CRUSE のチームと一緒にNYへ飛び、英国人犠牲者の遺族に同行、現地であらゆるサポートをした武勇伝があります。
日本へも3.11大震災のあとに来日し、岩手県の被災地を訪問しています。

CRUSE については別途また改めて書くことに。パークス先生が1960年代からグリーフ・トラウマ・ケアの啓蒙と実践を行なってきた英国、日本より50年は先を歩んでいるとは、そういう意味でもあります。





# by yoshikos11 | 2017-05-28 01:53 | Comments(2)

英国・マンチェスター・アリーナ爆発事件


f0101220_11193538.jpg
5月22日夜10時半(現地時間)、英国マンチェスターの中心街にあるコンサート・ホール(マンチェスター・アリーナ)で爆発テロ事件が発生しました。
 子どもやティーンエイジャーに絶大な人気のある米国歌手、アリアナ・グランデのコンサートでした。会場は満席、2万人が集まっていました。
f0101220_11191032.jpg
コンサート終了直後、出口の一箇所で猛烈な爆発があり、死者23名、負傷者60名の犠牲が出ました。

(写真上・マンチェスターはサッカー・ファンのメッカ/写真下・マンチェスタ―・グラマー・スクールは有名な受験校)

 このニュースを23日の朝8時のテレビ報道で知った私は、マンチェスターと聞いて心穏やかではいられませんでした。娘一家が住んでいるのです。昨年11月にもこの地を訪れています。夕方になってようやく彼らはコンサートに行っていなかったと知り安堵しました。
 しかし悲劇的な事件の犠牲になり命を落とした子ども達や若者、そしてその家族のことに思いを馳せると、胸が塞がりいたたまれない気持になりました。娘が送って来たYUTUBEを見て、恐怖におののく若い聴衆が悲鳴を上げ、パニックし、逃げ惑うシーンに衝撃を禁じえませんでした。
 
 また命こそ助かった子どもや若者も、生涯の良い思い出になるはずのコンサートが、一瞬にしてホラー体験となってしまい、心に大きな傷を負っただろうと、その後が心配でなりません。

一夜明けて、メイ首相は「なんの罪もない子どもを標的にしたテロリストの行為は卑劣極まりない、決して許すことはできない。我々政治家は何回テロの攻撃を受けても、決してテロと闘う意欲を損なわれることはない。」と断固とした態度を表明しています。

 そしてさすがグリーフ・ケアの発祥の地英国です。いち早く、愛するものを奪われたテロ・サバイバーとトラウマ体験をした人たちの為に、ビリーブメント(死別喪失)ケアを複数の団体がサイトで手を差し伸べています。
ちなみに、その一つ:Once upon a smile という団体:http://www.onceuponasmile.org.uk/manchester-stand-together/


# by yoshikos11 | 2017-05-25 02:43 | Comments(9)

3.11震災サバイバー:多重喪失にもめげず

f0101220_2211474.jpg再び3月11日が廻ってきました。震災後2年間、通算10回、GCCの仲間と共に岩手県陸前高田市へカウンセリング支援で訪問した日々を思い出します。その頃出会った災害サバイバ−の方々がその後どうしておいでなのか、時折思い出しては気にしていましたが、特に6年の記念日を迎えて夫々が苦難を乗り越え前向きに歩んでいて下さるように祈る気持です。
f0101220_2219036.jpgいつも震災記念日が近づく度に連絡を取って来た菅野さん(写真上は彼女とのツーショット)は、私たちが陸前高田を訪問するたびに世話役を努めて下さり、カウンセリングを必要とする方々と私たちカウンセラーとを引き合わせて下さいました。
 また菅野さん自身もサバイバーの一人で、ご主人を津波で亡くし、長年住み慣れた自宅は全壊し、更に震災直後ケアマネージャーとして奔走中、自動車事故に合い右腕損傷しました。
 深いグリーフを抱え障害まで負いながらケアマネさんの仕事を頑張って来た彼女、昨年思う所があって退職。今日久々に電話で話したところ、昨年より地元陸前高田市の災害公営住宅内にオープンした「市民交流プラザ」でファシリテータ兼相談員役に着任したとのことでした。
 震災で街が崩壊し、住人たちは住む場所を求めて方々に離散し、コミュニティが消滅しました。そんな中でやっと公営住宅が立ち入居できた人たちは、以前のようなご近所付き合いは持てず、寂しい思いをしていたそうです。そこで考案された「市民交流プラザ」は「一人ぽっちにさせない」ための新たなコミュニティ作りと言えましょう。
 菅野さん曰く『プラザではお茶を飲みながら気軽に何でも話せるため、昔話から災害体験や身内を亡くした辛い気持、生活上の悩みなど、互いに分かちあっています』と。ご主人を亡くした彼女が以前、『自分もつらいけど、これだけ大勢の人が亡くなったのだから、自身の経験を生かして他の人を支えたい』と言っていたことが、今着実に実現されていることを知りました。
 多重喪失を負った菅野さんが多くの苦難をくぐり抜けて、こうして有意義な活動に着手したことに、私は強く心を打たれました。まだまだ復興の道は険しくても、確かに再起し前向きに生きているサバイバーがいる、そう思えることで6年目のこの日に希望の光が指したようです。
 明日NHKの心フォトで菅野さんのメッセージも紹介されるようです。
私のサイトもよろしく:http://www/gcctokyo.com

 
 
# by yoshikos11 | 2017-03-11 00:27 | Comments(9)

神藤雅子氏講演(参加者の感想 つづき)

たくさんの感想が寄せられ一回では書ききれなかったので以下、つづきです:
1. ハープの音色はなぜこんなに心に響くのだろうか?
 私(筆者)はイベントの主催者だったため、当然のことながらあれこれ運営面に気を使っていたせいで、正直リラックスしてハープの音色に身を任せるという状態ではなかったですが、いつしか引き込まれて行きました。そしてなんと母の胎内にいるような感覚になったのです。そんな記憶があるわけないのに!それがとても心地よく、もっとそうしていたいような、又今は亡き母にもっと甘えたかったと〜子どもの頃から甘えることが下手な私でしたが〜胎内では思いっきり甘えていたのかもしれないとふっと思いました。
 そんな不思議な感覚を覚えたのですが、参加者のある方が私と同じような経験をしたことが彼女の感想文から分かって、思わず「これだ!」と納得。以下に紹介します:
 『神藤先生が奏でられたハープの調べはきっと人間の胎内で聴く最初の音〜それはくぐもって遥か遠くから(届く)のかも、血管や胎内で直接聞こえてくるものなのかもしれません』
 他にも『ハープの音は極めて原始的』『プリミティブな音』『直接身体に響く』などとコメントした方々がいました。

2. Not doing but being (貴方のために何もして上げられませんが、貴方にひたすら寄り添っています)というホスピスの原点に触れて:
『being(という英語)には「あるがままの存在」という意味があります。魂といってもいいかもしれません。ただいること、そしてあるがままのその人に寄り添うこと、どちらもカウンセラーにとって大切なこと、忘れないでいようと思いました』
 この社会はdoing-oriented (行動重視)であり、目に見える実績、効率、肩書きなどを重視する傾向です。病者や死別体験者のように行動能力が弱められた人々にとって効率的に「何かをする〜doing」ことは望むべくもありません。末期患者さんは地位や社会的な役割などを失い失意にあるでしょう。
 だからといって彼らの存在(being)が疎まれることがあって良いのだろうか〜being-oriented(人間存在の本質重視)、目に見えないもの(スピリチュアルなもの)を重視すべきではないか、ということを多いに考えさせられました。
# by yoshikos11 | 2017-03-04 00:56 | Comments(0)