3.11震災サバイバー:多重喪失にもめげず

f0101220_2211474.jpg再び3月11日が廻ってきました。震災後2年間、通算10回、GCCの仲間と共に岩手県陸前高田市へカウンセリング支援で訪問した日々を思い出します。その頃出会った災害サバイバ−の方々がその後どうしておいでなのか、時折思い出しては気にしていましたが、特に6年の記念日を迎えて夫々が苦難を乗り越え前向きに歩んでいて下さるように祈る気持です。
f0101220_2219036.jpgいつも震災記念日が近づく度に連絡を取って来た菅野さん(写真上は彼女とのツーショット)は、私たちが陸前高田を訪問するたびに世話役を努めて下さり、カウンセリングを必要とする方々と私たちカウンセラーとを引き合わせて下さいました。
 また菅野さん自身もサバイバーの一人で、ご主人を津波で亡くし、長年住み慣れた自宅は全壊し、更に震災直後ケアマネージャーとして奔走中、自動車事故に合い右腕損傷しました。
 深いグリーフを抱え障害まで負いながらケアマネさんの仕事を頑張って来た彼女、昨年思う所があって退職。今日久々に電話で話したところ、昨年より地元陸前高田市の災害公営住宅内にオープンした「市民交流プラザ」でファシリテータ兼相談員役に着任したとのことでした。
 震災で街が崩壊し、住人たちは住む場所を求めて方々に離散し、コミュニティが消滅しました。そんな中でやっと公営住宅が立ち入居できた人たちは、以前のようなご近所付き合いは持てず、寂しい思いをしていたそうです。そこで考案された「市民交流プラザ」は「一人ぽっちにさせない」ための新たなコミュニティ作りと言えましょう。
 菅野さん曰く『プラザではお茶を飲みながら気軽に何でも話せるため、昔話から災害体験や身内を亡くした辛い気持、生活上の悩みなど、互いに分かちあっています』と。ご主人を亡くした彼女が以前、『自分もつらいけど、これだけ大勢の人が亡くなったのだから、自身の経験を生かして他の人を支えたい』と言っていたことが、今着実に実現されていることを知りました。
 多重喪失を負った菅野さんが多くの苦難をくぐり抜けて、こうして有意義な活動に着手したことに、私は強く心を打たれました。まだまだ復興の道は険しくても、確かに再起し前向きに生きているサバイバーがいる、そう思えることで6年目のこの日に希望の光が指したようです。
 明日NHKの心フォトで菅野さんのメッセージも紹介されるようです。
私のサイトもよろしく:http://www/gcctokyo.com

 
 
# by yoshikos11 | 2017-03-11 00:27 | Comments(8)

神藤雅子氏講演(参加者の感想 つづき)

たくさんの感想が寄せられ一回では書ききれなかったので以下、つづきです:
1. ハープの音色はなぜこんなに心に響くのだろうか?
 私(筆者)はイベントの主催者だったため、当然のことながらあれこれ運営面に気を使っていたせいで、正直リラックスしてハープの音色に身を任せるという状態ではなかったですが、いつしか引き込まれて行きました。そしてなんと母の胎内にいるような感覚になったのです。そんな記憶があるわけないのに!それがとても心地よく、もっとそうしていたいような、又今は亡き母にもっと甘えたかったと〜子どもの頃から甘えることが下手な私でしたが〜胎内では思いっきり甘えていたのかもしれないとふっと思いました。
 そんな不思議な感覚を覚えたのですが、参加者のある方が私と同じような経験をしたことが彼女の感想文から分かって、思わず「これだ!」と納得。以下に紹介します:
 『神藤先生が奏でられたハープの調べはきっと人間の胎内で聴く最初の音〜それはくぐもって遥か遠くから(届く)のかも、血管や胎内で直接聞こえてくるものなのかもしれません』
 他にも『ハープの音は極めて原始的』『プリミティブな音』『直接身体に響く』などとコメントした方々がいました。

2. Not doing but being (貴方のために何もして上げられませんが、貴方にひたすら寄り添っています)というホスピスの原点に触れて:
『being(という英語)には「あるがままの存在」という意味があります。魂といってもいいかもしれません。ただいること、そしてあるがままのその人に寄り添うこと、どちらもカウンセラーにとって大切なこと、忘れないでいようと思いました』
 この社会はdoing-oriented (行動重視)であり、目に見える実績、効率、肩書きなどを重視する傾向です。病者や死別体験者のように行動能力が弱められた人々にとって効率的に「何かをする〜doing」ことは望むべくもありません。末期患者さんは地位や社会的な役割などを失い失意にあるでしょう。
 だからといって彼らの存在(being)が疎まれることがあって良いのだろうか〜being-oriented(人間存在の本質重視)、目に見えないもの(スピリチュアルなもの)を重視すべきではないか、ということを多いに考えさせられました。
# by yoshikos11 | 2017-03-04 00:56 | Comments(0)

GCC公開講座・神藤雅子氏講演(参加者の感想)

参加者の皆さんから多数の感想文をいただきました。その一部をご紹介します。
1)神藤先生の模擬演奏を聴いて:
『広く深くあたたかい感覚が解放感をもたらし〜今の自分のありのままが認められ、許されるような感じを味わいました』『ハープの音色は穏やかで、愛そのものであると感じました』『ハープの音色が魂に働きかけるようです』
『ハープの音色が次元を越えるような感覚で、特に生と死の間の世界にいる方々(患者さん)に強く共鳴するものがあるだろうと感じました』
*ハープ・セラピーは一人の患者さんを対象にその人の状態に合わせて演奏するもの、神藤先生は『複数の聴衆へ合わせることは出来ないのでいつもと勝手が違い、どのように弾くか迷います』とお断りがありました。確かにセラピーではなかったけれど、不思議と皆が純粋に癒されたようでした。
2)参加者のひとりは、ご親戚が緩和ケア病棟で闘病中、神藤先生のハープ・セラピーを受けられ幸せだっとというエピソードを紹介して下さいました。『今日先生の生演奏を聴けたことは、亡き叔母からの贈り物」と不思議なご縁に感銘を受けたようでした。
3)講義に関するコメント
『(ハーピストの心得として)自分自身を飾ることなく、社会的な鎧も脱ぎ、素の自分を丸ごと捧げる、裸のつきあいで、患者さんの核心に合わせよおとする姿勢が大切』ということを学びました。『(セラピストとして)患者さんに「おもてなし」をするのだということにピント来ました。看取る側は、最高のおもてなしをしてあげることで、(遺されて生きる)その後の人生を満ち足りた気持で再構築できるのだろうと思いました』
4)愛する人を看取った経験に思いを馳せて
『もし神藤先生が妹のベッドサイドに来て下さったら、どんな曲を奏でて下さっただろうか』『先ず心に浮かんだのは、亡くなった夫に体験させてあげたかったという強い思いでした。音楽を愛する人だったので〜』
5)神藤先生が看取った患者さんに思いを馳せて
ある参加者は、神藤先生がハープの演奏で見送った患者さんたちに思いを馳せて、その方々はどんなお気持ちだったろうかと想像し、知らない方々だけど『それぞれの患者さんに感謝したい』とありました。私(筆者)も同様の気持になりました。
そして又ある方は「神藤先生のハープに見送られて最後を迎えたい」とありました。大賛成ですが人は死に方を選べないので、神のみぞ知るですね。
# by yoshikos11 | 2017-03-02 02:10 | Comments(0)

GCC公開講座・神藤雅子氏講演

f0101220_1348562.jpgf0101220_12324312.jpg昨晩は2017年GCC第一回公開講座を開催しました。ハーピストでハープ・セラピーの第一人者、神藤雅子先生をお招きし、『ハープ・セラピー:ハープとともに患者さんに寄り添う』にてご講義及び模擬演奏でのご指導を仰ぎました。
GCCでは、終末期のスピリチュアルケア(ホスピス理念と実践)について学習しますが、今回は、ハープという人の魂と心に響く楽器のアドリブ・演奏によって、患者さんに癒しをもたらす療法音楽が、最高のスピリチュアルケアであることを、学びました。
次回、参加者のコメントをこのブログにアップする予定です。

# by yoshikos11 | 2017-02-22 15:08 | Comments(2)

梅谷養ニ氏(GCCグリーフ・カウンセラー)追悼

f0101220_145141.jpg去る2月8日GCCの認定グリーフカウンセラーの梅谷養ニさんが逝去されました。梅谷さんは88歳でGCCの資格を取得。冬の寒さにも夏の暑さにも負けず、千葉県から毎週、大手町のGCCまで通学し、基礎・上級・トレーニング・コースを完了。牧師さんとして既に多くの臨床経験を積まれた上での学問探究でした。
 私は主催者として又講師として常に頭の下がる思いでした。生涯学習を最後まで貫いた梅谷さんに最大限の賞賛と尊敬の念を表したいです。
 同期生からも愛され慕われていました。皆、大先輩の学問に対するあのエネルギーはどこから来るのか、あの謙虚さとユーモアのセンスは抜群、と感嘆し、色んな意味で勇気と励ましをもらいました。
 ユーモアと明るさがトレードマークの梅谷さんでしたが、上級講座履修中に最愛の奥様を亡くされ、深いグリーフを抱えました。その喪失体験を、GCCの会報、
Compassion 6号に投稿して下さいました。人生の酸いも甘いも経験したものならではの、味わい深いグリーフ・ストーリー、心を打たれます。
(GCCのサイトを参照下さい:http://gcctokyo.com/wp/wp-content/uploads/Compassion_06.pdf
 その後、梅谷さんは最愛のお嬢さんをガンで亡くされました。人生の晩年で相次ぐ重大喪失、過酷な運命はさぞ辛かっただろうと察して、この時はさすがに慰めの言葉さえ見つかりませんでした。
 しかし彼はどんな時にも運命や神を恨むことなく、最後まで信仰に生きた人でした。ご家族のお話から、死の直前に「私は94歳の人生を常に守られて全うできた。素晴らしい。ありがとう。」と語ったとのことです。
 また、最後までジョークを忘れなかった。『私は生まれたときも泣かなかったから、死ぬときも泣かない』と。(産声を上げない赤ちゃんだったそうですが)家族との別れの言葉は、遺すものを悲しませないための思いやりが込められていたのです。
 最後の最後に微かな声で「ハレルヤ!」と神を讃えて逝かれた梅谷さん、私もあやかりたいです!『また会う日まで、天国でもぜひ学びを続けていて下さい!』彼の死を悼み追悼の言葉とさせていただきます。
# by yoshikos11 | 2017-02-17 02:26 | Comments(8)

沖縄から受講生をお迎えして

f0101220_113563.jpg1月16日〜20日、グリーフ・ワーク沖縄(サポート・グループ)の有志7名をお迎えして『GCC5日間集中講座』を開催しました。GCCからも2名参加して総勢9名が一日6~7時間、朝から夕方まで文字通り集中して死生学&グリーフ学を履修。先ずは沖縄の皆さん、寒さにも短期特訓にもめげず良く頑張って下さいました!
f0101220_1135269.jpgグリーフ・ワーク・沖縄とのご縁は2011&2013年に私が地元で講演をさせていただいたことに始まります。世話人のAYさん『地元で資格が取れないなら東京へ行きます。ぜひ短期集中型の基礎講座を開催して下さい」と熱心なご依頼があり、最初半信半疑だった私が沖縄の皆さんの熱い思いに動かされてGCC初の本企画に踏み切ったのでした。
 お引き受けしたからには責任重大です。昨秋はGCC講師陣10名(選抜)の特別実習を行い、今回に備えましたが、彼らに多いに支えられました。主催者としてまだまだ反省点はありますが、「その気になればできる」と逆に勇気づけられました。私を押して下さった沖縄の皆さんに感謝でいっぱいです!
 これを機会にGCCでは、遠隔地を含めグループでのご参加をぜひ呼びかけたいと思います。
私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2017-01-24 02:32 | Comments(3)

謹賀新年

f0101220_12341262.jpg
初春のお祝辞を申し上げます。今年も「グリーフサポートルーム」とGCCを
よろしくお願い致します。 
GCCが光を発し続けられるよう励んでいく所存です

f0101220_1240316.jpg
一年、また一年と、GCCを支えて下さる方々が着実に増えて~萬両の実のように〜いつしかグリーフ・フレンドリーな社会が実現できことを願いつつ歩みたいです。
GCCのサイトもよろしく:http://www/gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2017-01-05 13:32 | Comments(6)

クリスマス

f0101220_23562124.jpg

 皆さま、平和なクリスマスをお迎えのことと思います。この日に、もうすぐ迎える新年が皆さまにとって平和で心穏やかな年となりますように切に祈ります。
f0101220_2357883.jpg クリスマスイブの日に私は「自分史活用推進協議会」からのお招きで、グリーフ学について講演をさせていただきました。本会のことはサイトをご参照下さい。http://www.jibun-shi-festival.net/2016sb-top.html 
 
 自分史を書く〜これまで歩んで来た道を振返り、人生と新たに向き合う。忙しい現代人にとって歩みを止めることは容易ではないけれど、より良く生きる為にとても大切なことに思えます。また自分史活用に興味を持っている方々がたいへん多いと聞きました。
 
 一方、自分にとって、かけがえのない人を亡くすことは、自分史というドラマの主要な登場人物を失うことに匹敵し、自分史の流れが途絶えてしまいます。グリーフとは、まさに「自分史断絶の叫び」、ともいえるのです。
 そしてグリーフからの立直りには、過去と未来が断絶したドラマに「架け橋」作りが必要となります。ではどのようにして「架け橋」を作ることができるのでしょうか?続きは次回のブログに書きたいと思います。
私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
 
# by yoshikos11 | 2016-12-26 01:18 | Comments(0)

父の命日に思う

f0101220_23263210.jpg
11月27日、父の命日です。そして又銀杏の葉がゴールデンに色づく季節となりました。何年経っても父の闘病中のこと、最後のこと、葬儀のことなど忘れられないものですね。
 あの頃、私は自宅、勤務先のオフィス、父の入院先の病院と、気ぜわしく都心で車を走らせていました。三宅坂を通ると銀杏並木がキラキラと輝いていました。父の命が風前の灯火、そんな思いで見る樹々は、涙でボーと霞んでいましたっけ。(今思えば危ない運転でした!)
 私の両親は長女(私の姉)を二歳で亡くしています。しかし生前父からその話について、赤ん坊だった姉のことについてなど、一切聞いたことがありませんでした。
 幼子を亡くしたせいなのか、父は誰の赤ちゃんであれ、幼いお子さんであれ、異常なほどにかわいがり、愛おしそうにしていました。単に、子ども好きと一言で片付けられないほど。幼い命を亡くしたものだけに、子どもの命の尊さを人一倍、感じていたのかもしれません。
 父は優しい人でした。また面倒見の良い人で、誰かが病気だと言うと親戚であれ、友人であれ、とことん付き合って、病院に付き添い、医師との間に入って話を聴き、自分でも病気のことを調べ、ご家族を励まし、といったように、良くあそこまで人の面倒が見られるものだと、私は感心しました。
 一方で厳しいところもあり、正しいと思ったら例え相手が誰であれ、率直に意見を言うタイプでした。あるとき、伯母(父の姉)が時の総理中曽根康弘氏と懇意で、父も駆出されてテニスのダブルをすることになりました。
 テニスクラブでは総理が来られるというので、挨拶したいという会員が群がり、テニス後のお茶の席には「総理、総理」と大勢が押し掛けたそうです。帰宅した父曰く。「総理としてテニスに来たわけではなく、中曽根さん個人として来たのに、総理呼ばわりはおかしい!私は『中曽根君』と呼んでやったよ」と。お世辞やヨイショの苦手な父らしい一面を表しています。
 今になって、ああもっと父とは話がしたかったと思う昨今です。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
 
# by yoshikos11 | 2016-11-27 23:58 | Comments(6)

スコットランドIWG (国際死生学・グリーフ学大会) (2)

f0101220_20573166.jpg IWGの特徴は全体が複数のテーマ別に別れて、同じグループが5日間午前と午後、通算11回に亘り討議をするという点です。

 その一部を紹介すると、1)死生学・社会学的視点 2) 文化を越えたグリーフの共通項 3) アートによるグリーフ表現 4) 子どものグリーフ 5) コンパッションについて、6)複雑化したグリーフと永続的絆 7)アートによる認知症患者の癒し 8) 葬儀、埋葬の文化的比較 というように200名が11のグループのどれかに参加するというものです。

 私は、6) の『複雑化したグリーフと永続的絆』のグループを選びました。18名の大きなグループでしたが、全員が臨床家。リーダーはGCCでもおなじみのロバート・ニーメヤー(米国)他にコリン―マレー・パークス(英国)サイモン・ルビン(イスラエル)などこの道の蒼々たる権威が参加しました。

 ニーメヤー先生の扱った「母親を亡くした娘の長引くグリーフ」ベルギーの臨床家が扱った「息子を亡くした母親のグリーフ」、いずれもビデオ収録したものを全員で鑑賞、随所で映像をストップさせ皆が意見や質問を交換し、事例理解を深めました。またプロセス中心のセラピーに注目し、介入のコツ・秘訣など貴重な学びをしました。(なんとも贅沢な学びの機会を得ました!)

 このグループは、誰かが一方的に教えるというのではなく、皆が皆から学び合うというもの。英語で理解し発言するのは大変でしたが、メンバーの思いやり溢れる雰囲気に励まされ、いつしか私も発言するように、、

 その他に毎日2〜3名のゲストスピーカーを召還しての講演会があり、そこでは総勢200名が一同に会します。今回、スコットランドのグリーフ教育とサポート体制について、興味深く聴きました。

 ワーク、ワークで脳内疲労を起こしそうでしたが、もちろん、リクリエーションのプログラムも用意されていました!早朝のケルトの瞑想や、午後のツアーではアンディ・マレーの所有するホテル(古い貴族の館を改装)でハイティー、夜にはスターリング城でスチュアート王朝の文化の香りを満喫しんがらのレセプションなど。

 最後に、本大会3日目の早朝、アメリカ大統領選挙の結果を知ることになりましたが、IWG最大多数派の米国人たち全員が、ヒラリーの落選に衝撃を受け、落胆し、男女を問わず涙を露にし、文字通りグリーフすることになりました。他の国の人たちは、米国人を慰め、励ますのに大わらわでした。
 グループのミーティングでも、その日の午前中は、大統領選挙の結果について意見を交わし合い、本来の議題は棚上げとなりました。
 その意味でも忘れられないIWG大会となったと思います。

写真は、上段、1) 『複雑化したグリーフ』の仲間たち、2) グループ集合写真、中段、3) スチュアート王朝のシンボル・ユニコーン(キリスト)の壁画、下段、4) スコティシュ・ハイティの定番、スコーンとクロッテド・バター、5) アンディ・マレーのホテル内・チャペルのステンドグラス、6) サイモン・ルビンとルツ・マルキンソン(イスラエル)と再会。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2016-11-15 22:29 | Comments(8)