立春

 毎日寒い日が続いていますね。東京は、雪が降らないだけまだいいのかもしれませんが、春が待たれます。

 昨日、花屋さんの店頭で「ミモザ」を見かけました。鮮やかな黄色と、モコモコした綿帽子のような花はなんとなく暖かい感じがして、衝動買いをしました。部屋にひと枝生けただけで、ぱっと全体が明るくなりました。甘い香りも漂います。

 ミモザといえば、ミラノの町を思い出します。もう、かなり昔の話、イタリアのファッション・ブランドの代表をしていた頃、年に2-3回は出張でミラノを訪れていました。この時期は、確か、メンズ・コレクション、3月には、レディース・コレクションの発表があり、必ず出席したものです。

 3月だったと記憶しますが、町のあっちこっちにある新聞スタンドでは、どこでもミモザの花を売っていました。そして、町行く人の中には小さなミモザのコサージュを襟に飾っていたりします。話によると、ミモザはイタリー版の「母の日」の印(カーネーションでなくて)とか。
 
 不思議と「花」にちなんだ記憶ッて、忘れないものですね。衝動買いの裏には,自分の中の郷愁があったのかもしれません。

 さて、今度の日曜日には、GCCグリーフ・スタディ入門編がスタートします。寒さをかこったり、花に酔ってばかりはいられません。ご参加下さる方々のご期待に応えるべく、私も、準備万端整え、ベストで臨みたいと思っています。

 そして、来週からは、グリーフ・カウンセラー養成講座基礎編、及び上級篇も再開します。内容を、より充実させて行ければと思います。

 新しい受講生との出会い、進級の方々との再開、とても楽しみです。!!

 
f0101220_10374676.jpg

by yoshikos11 | 2009-02-03 10:43 | Comments(0)
<< 悼む人 キリスト教国アメリカ >>