パク・ヨンハの死

f0101220_224341.jpg韓流スター、パク・ヨンハの自殺は日本のマスコミで大きく取り上げられました。先日そのニュースについて私よりは遥かに情報通のMさんと話していて、彼が日本で一大人気スターだったことを初めて知りました。そもそも私は、韓流映画のブームが巻き起こった頃、カナダに在住していたので、この社会現象でさえかなり後になってからようやく知り「フユソナ」を見たのは一年前くらいだったでしょうか。
 ヨンさまといいパク・ヨンハといい日本のファンが60代,70代のおばさまたちというのも不思議な現象だなと前から思っていましたが、その分析は別にして、今回、パク・ヨンハの自殺の原因とその現象とは何か関係があるのでしょうか。若いスターにとって自分の母親かそれより年上の女性たちにモテるというのは一体どんな気持なのでしょう。できれば若い女性ファンがもっといたならと思わないのか、或いは日本より自国で同等の人気をハクしたいと思わなかったのか(彼は日本での方が圧倒的に売れていたそうですが)もしそうだったとしたら変則的なギャップに苦しんだのでしょうか。
 しかし、人は一つだけの理由で自殺をしないと言います。ある韓国ジャーナリストがヨンハの自殺の原因について「韓国でも『個人主義』の浸透とともに『家族主義』が衰退し始め、今はその過度期で二つの異なる主義の間で葛藤する人が増えている。親孝行であった息子としての立場と自分を最大限に自己主張するスターとしての立場、相容れない二つの立場の狭間でストレス過剰になって息詰ったのでは」と言っていました。
 また、彼が優し過ぎて、真面目過ぎたのが原因と言う人もいます。芸能界のみならず、悲しいことながら今の世はそうした「良い人」が生きにくい時代のように思えます。
 最後に、彼の父親が末期ガンで予後不可能であると分っていたそうですが、親孝行な息子ゆえに彼は、父の命を救えないことに不甲斐なさ、無念さ、絶望感、そして自責感まで持ったのではないでしょうか。ホスピスケアでは患者だけでなく家族のケアも必要と考えますが、もしヨンハが心のサポートを得られたなら違っていたのではないかと思わずにはいられません。

私のサイトもよろしく:http://www/gcctokyo.com

 
by yoshikos11 | 2010-07-11 03:24 | Comments(1)
Commented at 2010-08-01 03:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 恐竜展で泣かされた! バースデー >>