夫の命日に

f0101220_1219421.jpg 前回は祖父没後50周年記念の行事(盛岡で)について書きましたが、昨日11月8日は、夫没後19年目の命日を迎えました。
 昨年は母校のチャペルでメモリアル・サービスを持ちましたが、今年は儀式は行なわず、その代わりに手作りのコラージュ(左・写真の絵)をスキャニングし、「メモリアル・カード」を印刷し、かつて夫とご縁のあった方々へお送りしました。

 こんな追悼の方法もあることを伝えたく、現在GCCで講座受講中の生徒さんたちにも、参考までお配りしました。実は、私にコラージュを教えて下さったのもかつての生徒さんでした。その方は抜群のアートセンスの持ち主で、私など足下にも及ばないのです。最近お会いできなくて残念ですが、もしブログを読んで下さったら、ぜひ声をかけて欲しいと願っています。

 そして偶然にも、GCCの受講生・卒業生の中に11月8日が大切な方の命日と言った方が2名もいらっしゃいます。Iさん、Hさんのためにも祈りを捧げます。

 命日、たとえ年月が経っていても、何となくザワザワ感があるものです。「今年はどうやって記念しようか?過ごそうか?」と思い悩むことも。墓参は最も一般的ですが、仮に宗教行事がなくても、「静かな時間を確保して、心が安らぐこと、お気に入りなことをやる」のが良いのではないでしょうか?

 昨日私はそれを実践できました。メール返信始め仕事関連の事柄は一切棚上げ、朝からジャズピアノを聴いてリラックス、部屋にたくさん花を生けてハッピーな気分、その後墓参。墓地が六本木の真ん中なんで、帰路は新国立美術館で「印象派・後期印象派」の作品点を鑑賞しました。
 モネ、ピサロ、シスレー、ゴッホ、スーラ ETC. の原画にうっとり、しかし美術館から見た昨日の『夕日』は豪華そのもの、何よりも感動を覚えました。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2013-11-09 13:08 | グリーフ | Comments(2)
Commented by ONO at 2013-11-11 16:34 x
本当に素敵なコラージュのメモリアル・カードです。鈴木先生のご主人様への愛情の深さを感じ、受け取った私も胸が熱くなりました。ありがとうございました。
Commented by 鈴木剛子 at 2013-11-11 17:47 x
ONOさま、やさしいお言葉ありがとうございます!コラージュは、制作中、全ての雑事を忘れて、一心不乱になれることが大きな癒しになります。出来映えのほどはどうあれ、プロセスが大切かと、、
<< 2014年・GCCの活動・東日... 祖父のルーツを訪ねて >>