GCC8期トレーニングコース・第3期技法講座 ニュース

  GCC講座のニュースが遅れましたが、5月20日(土曜)には川島大輔先生(中京大学心理学部准教授)をお招きして『死生心理学』について講義とワークのご指導をいただきました。グリーフ・カウンセラーになるために「生と死」のテーマを系統的に学習することは大切で、川島先生はその意味で最適任の教育者です。第8期トレーニング・コースの受講生たちは有意義なブレーンストーミングを経験しました。   
  また6月18日(日曜)には第3期技法講座がスタート。トップバッターには得丸定子先生(上越教育大学名誉教授)がご登壇。『マインドフルネス:ストレス低減法』について理論と実践のご指導をして下さいました。現代人にとってストレス低減は耳寄りのお話、得丸先生によると一つでも多くストレス対抗としての秘密兵器を持っていることが得策と言われ、マインドフルネスが最も効果的だということをひも解いて下さいました。 (写真右下:得丸定子先生と筆者 写真下左:ご講演中の川島大輔先生。)                                                          
f0101220_20020281.jpgf0101220_20012472.jpg

by yoshikos11 | 2017-06-21 20:27 | Comments(1)
Commented by 鈴木剛子 at 2017-06-26 11:13 x
得丸先生のマインドフルネスの講義を聴講して、あれから一週間は毎日15~20分、瞑想を実施して来ました。といっても呼吸に集中するだけですが、、先生曰く『朝一番で瞑想を試みることで一日の実働時間をより有効に、一時一時に集中して過ごすことができる』とのこと。まだ自己評価は時期尚早ながら、何となく良い感触ではあります。
参加した方々の中で既に実行した方があったら、感想を寄せて下さると参考になります。よろしく!
<< 映画『ローマ法王になる日まで』 映画・光をくれた人 >>