<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三寒四温

今週も色々ありました。 励まされたり、癒されたり、苦しんでいる方々に寄り添ったり。

月曜日(19日)はまるで春の陽気。次女が3ヶ月の赤ん坊(Hugoといいます)を連れてひょっこり訪ねてくれたので、一緒に千鳥が淵、北の丸公園を散歩しました。
「近くに最適な場所があるのに、ちっとも散歩しないなあ」と反省していた矢先だったので、出かけられて大満足。Hugoのあどけない笑顔も見たし!

この辺りは桜の名所。あと一ヶ月もしないで花見客でごった返すでことでしょう。もしかして、この暖かさなら桜も明日には狂い咲きしそうな勢いです。ごった返す前の「静けさ」と、開花を待つ「期待感」に満ちた空気を楽しみました。

その後、デ−ケン先生の「ホスピス・ボランティア養成講座」を修了したお仲間、Aさんと Kさんが事務所に訪ねて来て下さいました。御自身の死別体験を大切にして、他者の苦しみを共に担っていこうと言う志を持ったお二人です。じっくり語り合ったのは初めてなのに、3人で夜遅くまでお話が尽きませんでした。同士に出会えて勇気づけられた一日でした。

水曜日(21日)、教会では「灰の水曜日」(Ash Wednesday)と言って、復活祭(Easter)前の40日間(四旬節)のスタートの日にあたります。信徒は「お前は塵(dust)から生まれて、塵(dust)に帰る」と言われ、その印にオデコに灰を塗られます。耳にも、肌にも心地よい経験とは言い難いのですが。しかし、表現があまりにもストレートなのでかえって素直に受けとめられるという事もあります。

「灰の水曜日」は死生学の原点に立たされるような日。そして四旬節は(難しくてここでは説明ができませんが) 春を待つ冬、希望を待ち望むグリーフの期間とでも言ったら良いのでしょうか? 

今週も、グリーフ最中の方達、とても苦しんでいる方達にも多く接して、皆さんがやがて希望の光を見つけてくださることを切に祈りたい気持でした。

金曜日(23日)は出来るだけ「遊ぶ」ことにしています。旧友と久々に映画を見に行きました。「華麗なる恋の舞台で」、サマーセット・モームの小説の映画化です。1930年代、優雅な時代の英国へタイムスリップ。さすがモーム、筋書きがえらく面白かったです。
by yoshikos11 | 2007-02-24 14:20 | Comments(3)

明日から第2回グループ・カウンセリング開始

いよいよ明日から第2回GCC グループ・カウンセリングが始まります。まず、勇気を出して参加を決断された方々に心からエールを送ります。最初の第一歩がどなたにとっても大変なのですが、その一歩を踏み出すことで、既にグループ・カウンセリングのプログラムの30%(?)は前進したと思っていただきたいです。

私も毎回気持を新たにし、これからの6回に全身全霊を傾倒したいと思っております。良い意味での緊張感と大きな期待を持って臨むつもりです。今回は、ファシリテーター・サブとして強力な協力者、Tさんもお手伝いして下さいます。

昨日は、私の活動、グリーフ・カウンセリングにご興味を持って下さった新聞社の記者の方から御取材を受けました。かつて私がブランド ビジネスに携わっていた時の仲間、Sさんのご紹介でこのような運びになりました。Sさんに感謝。

「一人でも多くの方々にグリーフのことを知っていただきたい」そんな私の願いに呼応するような、またとないチャンスを頂いた気がしていました。グリーフのテーマを中心に、「なぜ今グリーフケアが必要か」というお話をさせていただきました。ついつい熱が入り気がついたら2時間以上。あっという間に時間が経ってしまいました。

長時間、聞いて下さった記者のHさんの忍耐に感謝。Hさんは最近母上を亡くされたとのことで不思議なご縁を感じます。そのせいもあってか、色々私の話に共鳴して下さり、おかげで私も話しやすかったです。Hさんには、激務の傍ら大変でしょうけれど、御自身のグリーフも大切にして頂きたいと思っています。

そして、夕方、突然友人に誘われてクラリネット奏者、ペーター・シュミドールのコンサートを聴きに行きました。期待して行ったモーツアルトの「クラリネット五重奏曲」が中でも一番素晴らしかった。この曲を始めて聴いたのは中学生の頃。ベニー・グッドマンの来日演奏でしたが(彼はクラシックもいけるのです)この世にこんな美しい音楽があるのかと思ったことを、夕べは思い出していました。

好きな物は何歳になっても変わらないみたいですね。

再び音楽に癒されて、満たされた気分で帰路に向かいました。上野公園には春の気配が既に感じられました。桜の便りも近いのでしょうか。
by yoshikos11 | 2007-02-14 13:49 | Comments(0)

グループ・カウンセリング修了者の集い

グループ・カウンセリング(GC)に参加した方々は、互いに心を解放して最も「辛い思い」を語り合ったことで、その後も気の許せる「心の友だち」仲間になるようです。そんな友達は、まさにグリーフの取り持つご「縁」であり、グリーフの「贈物」と言っても良いでしょう。

そんな仲間を時々思い出しては「皆どうしているかな?」「また、会ってお茶でも飲みながら語り合いたいなあ」と思う方も多いようなので、今年からGCCは月一回を目処に「修了生の集い」(同窓会のノリですが、もと良い呼び名ないでしょうか?)を企画し自由にグリーフを話せる「スペース」を提供することにしました。

もちろん、いつかGCに参加してみようかなという方も、GCCへの窓口としてウェルカムします。

ファシリテーターとして、私自身も修了生の方々がその後どうしていらっしゃるかなと時々思い出しては気にかけているので、そんな方々がお顔を見せて下さることはとても嬉しいのです。

夕べはその第一回。5人が集まりました。少人数でしたけれど新しい方もお一人迎えることができたし、一つの企画がスタートできたことに大いなる喜びを感じています。参加者あってこそ出来たことで、夕べ来て下さった方々に厚く感謝します。

ところでGC「修了生」と言ってもグリーフは生涯のテーマですから、グリーフが修了したわけではないことを強調させてください。

夕べの近況報告の中でもある方が「時も所も関係なく急に悲しくなり泣いてしまいます。でもGCをしたおかげで、悲しくてもOK,泣く事もOK,そう思えるようになった分不安感がありません」と言われました。

グリーフ終了どころか、2週間前に、最愛のお母様を亡くされてまた新たなグリーフを抱えて参加してくださった方もありました。GCで一つのグリーフ――ご主人を亡くされてーーと向合って、やっと一歩前に進めた気がすると言ってくださったばかりでしたのに。

「きっと天国のご主人がこんな時こそ、応援してくださいますよ!」彼女へ私からのお悔やみの言葉です。

「30年前の身内の死が、私の生き方の再構築に繋がりました」と言った方がいらっしゃいました。グリーフが生涯のテーマであることの貴重な証言です。

黒一点の男性の参加者はGCCの貴重な存在です。「男性ってグリーフを認めないし、心の奥深くでは痛みがあるだろうに。なぜ?」と女性達が異口同音に疑問を投げかける中、彼は話して下さる。勇気ある人って本当は「痛み」も認める人の事ではないでしょうか? 

私が師と仰ぐデ−ケン先生が「今後は男性のグリーフが最大の課題」と最近、大きな会議で発言されたことを思い出します。不思議とGCCでは男性のクライアント候補がコンタクトして下さっています。もしかして時代は少しずつ変わりつつあるのかもしれません。

第一回の「集い」、皆さんの貴重なお話を全て書くわけにはいきませんが、まさにグリーフは私たちの生活、家族関係、人生計画の全てを揺さぶるようであり、グリーフを語ることは人生を「マルゴト」語ることだと痛感しました

私にとって学ぶところ大でした。

最後に、今回体調不良で参加出来なかった方が何人かあったので(中にはグリーフが影響?)
ご案じしています。もしかして、外出する気にもなれない程落ち込んでいる方があるのかなあと気にしています。皆の前では話したくない方、メールでもお電話でもOKです。御連絡くださいね。

次回のGCCの「集い」は追って ホームページでお知らせしますので。またふるってご参加くださいね。
by yoshikos11 | 2007-02-09 13:17 | Comments(0)

GCC ホームページへの反響

何人かの方々から早速「ホームページ見ましたよ!」「おめでとう」「いよいよ本格スタートですね」と御連絡を頂きました。ありがとうございました。ご期待にそえるように頑張りたいと思います!

できるだけ多くの方々にアクセスしていただくために、googleに複数のキーワードを登録しましたが(グリーフ、悲嘆、カウンセリング、癒しなど)実際ワークするには多少時間がかかるらいしいのです。追ってYahooにもと思っています。

早速、GCCの次回のイベントのご紹介です:

グループカウンセリング 修了生の為の「オープン「サポートグループ」開催

日時:2月8日 6:30-8:30PM
場所:千代田プラットフォーム スクウェア 005号室
会費: お茶代として¥1,000

ともにグリーフを分かち合ったなつかしい仲間と再会、互いに近況を語り合うのが目的です。
修了生でなくても、新規の方でグループカウンセリングにご興味があって、「雰囲気、様子を見たい」とお望みの方々も歓迎します。


私はこの一週間、アメリカ在住の娘夫婦が4ヶ月の赤ん坊を連れて里帰りをしていたので、彼等と再会の時間を楽しみました。温暖なカリフォルニアから来ているので、日本の冬が寒いのではないか、赤ん坊が風邪を引かないか、などと心配しましたが、幸い今年の日本は暖冬でまた好天にも恵まれホットしました。

また、夕べは幸運にも IL DIVOのコンサートを聴きに行ったのです。4人組がそれぞれソリストとしても活躍している実力派、超ゴージャスな声の持ち主たち。そのハーモニーはこの世のものとは思えない美しさでした、その迫力。1時間半、夢の世界にいるような気分でした。

私にとって音楽はまさに「癒し」です。今年は沢山音楽を聴きたいし、時間が許せばカウンセリングの一貫としての音楽療法を学びたいと思っています。
by yoshikos11 | 2007-02-04 00:18 | Comments(0)