<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

11月27日は父の命日

  27日の感慨を書こうと思っているうちに、28日になってしまいました。
夜遅くまで仕事をする傾向で、気がつくとミッドナイトを過ぎて直に1時、2時になってしまいます。何と一日の過ぎるのが早いことでしょうか。

 父が亡くなって23年になります。お墓は多磨墓地にあり、遠くて中々行かれまん。特に、この11月は本当に忙しくて、今週は、講義と講演の両方の原稿を抱えて、寸暇を惜しんで資料あさり、読書、まとめ、PCでタイプとマラソン状態です。

 ということで、墓参りは出来ませんでしたが、父には理解してもらおうと思っています。今朝は、せめて花でもと思い、近所の花屋さんで沢山買って来て、父の写真の前に飾りました。クリスマス・リーフといって、薄い赤で、小さく繊細な花が沢山ついている素敵な枝ものを見つけました。他にも父が好きだった菊、これも薄い赤と、黄緑をそろえました。
 
 父は、ガーデニングが得意でした。春は、我が家の庭につるバラが咲き乱れ、夏には、当時では珍しかったジンジャーや、オクラの花も見事に咲いて天まで昇る勢いでした。冬は、シクラメンやポインセチアを丹誠込めて世話していました。

 戦後まもない食糧難の頃、父は、社宅の広い庭一面に、ありとあらゆる野菜を植えて育てていたこともありました。都心、市ヶ谷に住んでいた頃でしたから、今では考えられない話です。
 キュウリ、トマト、なす、インゲンなどは父にとっては初級編、ピーナッツ、三つ葉、パセリー、セロリー、ミョウガ、オクラ、芽キャベツ、カリフラワー、ETCと、まるで八百屋さんが出来そうでした。

 実に、多趣味で、ガーデニングの他にも、車、ハンティング、つり、囲碁、麻雀、テニス、ゴルフ、そして、料理も暇があればやって楽しんでいました。毎年、東京湾のはぜをつって来ては、一人台所を占領し、三枚にひらいて天ぷらをつくってくれたこともありました。

 きじ、つぐみ、鴨などをしとめて持って帰って来たこともありました。さすがに、収穫した鳥を、座敷にポンと放り出された時は、ギョッとしましたが。きじご飯だのつぐみ焼きだの、父のおかげで、随分変わった物を子供の頃に食べたことになります

 子供の頃、運動会と遠足のお弁当は、いつも父がかんぴょう巻きを作ってくれました。父は、巻くのだけが得意だったのであり、酢飯作り、かんぴょうの煮出しは、もちろん母だったのでしょう。食べ盛りの私にとって、沢山運動した後の、あのかんぴょう巻きのおいしかったことは、今でも忘れません。

 小学6年生のとき、運動会を、上智大学の土手下にある運動場を借り切ってやったことがありました。そのとき、私は徒競走で一等になりました。初めて母と一緒に運動会を見に来た父が、土手の上から手を振っていて本当にうれしそうだったのを、思い出します。

 学業のことは、通知簿すら見るやら見ないやら無関心な父でしたが、徒競走やリレーで私が活躍した時は感動したようでした。父自らは、生来、抜群の運動神経と脚力の持ち主で、若い頃、都の陸上大会に出たりしたようでした。そんな頃を思い出しながら子供の運動会を見ていたのかもしれません。

 父が亡くなった日、聖路加国際病院の屋上から見た夕日が、この世のものとは思えないほど、ゴージャスで美しかったのです。空が真っ赤に映えて。生涯、誠実に、慈悲深く生きた父の最後を、世界中が暖かく見送って、天が迎えてくれていると、私は思っていました。

 

 

 

 

 
 
by yoshikos11 | 2007-11-28 03:06 | Comments(0)

聖アンデレ教会での講演

 来週の金曜日(30日)には、東京タワーの向かい側にある聖アンデレ教会で講演をします。今年は、通算13回の講演をさせていただきましたが、聖アンデレは今年最後の講演になる予定です。
 演題は、『悲しむ人と共に苦しむ:支え合うコミュニティを目指して』です。目下原稿を必死で作成中です。

 教会の方からは、グリーフ・ワークについて学びたい、大切な人やものを失った人の心の傷について、どのように関わってゆくか、学びたいとのご要望がありました。

 私は、まず、皆さんにグリーフについて正しい知識を持っていただくこと、特に、死別体験者が、周囲との間に高い壁を感じていること、そして、それはなぜなのか、について分っていただきくことが、先決のように思っています。

 他者の心の傷に関わる第一歩はそのあたりから始まるように思います。

 今年、沢山の死別体験者の方々とお話しして来て、その方々の「孤独感」、周囲との間にできた「壁」について、いたく感じさせられました。

 たまたま、昨日も、最近ご主人を亡くされた若い奥様からお電話があり、とてもお辛そうでした。来春、お子さんが受験を控えて、お父さまを亡くしたことが、お子さんの心に動揺を与えていないかとてもご心配そうでした。お母さまとして、全くごもっともなことです。

 私は「どなたか、ご友人とか周囲に貴女の話を聞いて下さる方はいらっしゃいませんか?」とお尋ねしたところ、しばらく考え込んで、「いません」とのこと。お母さまとは話されるそうですが、この際、家族はそれぞれグリーフを抱えて、なかなか他の家族の支え手にはなりにくいはずです。

 お話しながら、その方の痛みがヒシヒシと伝わって来て、涙で声がくぐもった私。「ああ、苦しんでいる人がいる」今日も、またそう思ったのでした。

 皆さん、大切な人を失って、苦しんでいる方がこの世の中にたくさん、たくさん、いるのです! 分ってくださいー。

 夜、講演原稿と取っ組んでいたら、また、ある方からお電話がありました。私のクライアントさんの一人です。前日、交通事故に巻きこまれて、大変なショックを受けているとのことでした。幸い、誰も人命には影響がなかったそうですが、重症の怪我人が出たそうです。
 しかし、事故の日はたまたまお母さまのご命日、この方は、手厚いご供養も日曜日にすませたばかりだそうです。「死別の苦しみを散々経験して、それでも一生懸命に祈りながら生きて来たのに、なぜ、こんな災いが自分の身の上に次々起こるのですか?」と悲痛な叫びが電話の向こうから聞こえて来ました。

 私には、この方に対する答えが見当たりません。「なぜ、人は苦しむのか?」「神様がおいでなら、どうしてそれをほっていらっしゃるのか?」など。 

 私は、悲しむ人と共に苦しむしかないのです。

 
by yoshikos11 | 2007-11-22 13:00 | Comments(0)

思い出が甦った結婚式

 今日は、あるご結婚式に出席させていただきました。かつて、夫と私がお仲人を務めたO氏夫妻のお嬢さんが結婚されるということで、お招きを受けたのでした。お仲人と言っても、もう30年も昔のことですし、夫が亡くなって13年にもなるのに、O氏が、こうして私のことを覚えていて下さったことに、大変有り難く、うれしく思いました。

 「去る者日々に疎し」と言いますが、皆忙しい現代にあって、昔のご縁を忘れても仕方がないと思います。かくいう私もあっちこっちにご無沙汰をしており、まず、自分が責められることはあっても、人を批判する立場では全くありません。その意味で、O氏は、ご縁を大切にされる稀な方だと思います。

 お嬢さんのご結婚式に出席するにあたり、今日は、何となく夫の役目も担っているような気持で伺いました。 仲人は5組務めましたが、その折りには、留袖を着用しことを思い出して、今回がんばって色留袖を着ることにしたのです。一人ですが一人ではないという気分でした。

 晴れのお席で、かつて夫を通してお付き合いのあったご夫妻にお目にかかり、懐かしい思いが心に溢れました。そして、彼が生きていた頃のことが、次々と思い出されたのです。いつになく、ほろりとなりそうな場面もありました。でも、それは癒しにつながる「ほろり」だと思います。

 「そうか、彼は、生前お付き合いのあった色々な方々の心の中に生き続けている」そんな感慨も深くしたのでした。

 幸せいっぱいの若く美しい新婚のカップルから良い「気」をいただき、ノスタルジックな喜びに浸り、おかげさまで、私にとってとてもうれしい一日でした。ブログを通して、O氏のやさしいお心遣いに改めて感謝申し上げたいです。

 ところで、今日の新郎は、お母様が2年前に亡くなられたということで、ご家族はその遺影を抱いてのご列席でした。新郎のお父様が、閉会のごあいさつで「妻が生きていたら、今日の晴れの日を、どんなに喜んだことか、いや、きっと皆さんと一緒に今日は、喜んでいたと思います」とおっしゃり、感極まって言葉が言葉になりませんでした。

 お父様のお気持ちをお察ししました。しかし、あの場で、本当の気持を皆に伝えられたことが、とても良かったと思いました。公の場で男性が涙することは、決して悪いことではなく、ましてや弱さの表れなんかではなく、むしろ、勇気ある行為だと思いました。男性皆がどんどんそうして欲しいとさえ思いました。

 

 

 
 

 
by yoshikos11 | 2007-11-18 00:02 | Comments(0)

November Full of Events!

 11月、我が家は本当にイベントがひしめいています。 先週の土曜日は、孫のHugo (彪吾)の一歳のバースデーと、そのママ美香(私の次女)のバースデーを合同でお祝いをしました。
(二人のバースデーの間に、夫昌平の命日がサンドイッチになってます)

 Hugoは今、ちょこちょこ歩き始め、バランスを取りながら、うれしそうに、得意そうに歩く様子が何ともいえず可愛いです。赤ん坊が歩き出すって、本当に感動ですね。ここまで、無事に育ってくれたことに感謝し、また、美香ママが一年間、育児にがんばったことを讃え努力賞を贈りました。

 Hugoは、結婚7年目にしてやっと出来た赤ん坊なので、私たち家族はミラクル・ボーイと呼んでいます。彼が生まれた一年前、あの瞬間の感動を新たにしました。

 九州では、赤ん坊のことを「お宝さん」と呼ぶそうですが、本当にぴったりの言葉ですね。

 来週は、私のバースデーがやって来るのですが、それはあまり歓迎ではありません。これからは、年を引き算で数えようかと思っています。

 
by yoshikos11 | 2007-11-17 21:56 | Comments(0)

日本臨床スピリチュアル・ケア研究会

 11日(日曜日)は、日本スピリチュアルケア研究会で『死別体験後のSpiritual Quest』というテーマで発表をしました。15分という持ち時間で、事例も紹介しながら、この大きなテーマについて話すのは、本当に苦労しました! 時間との闘いを強いられました。

 このところ、NHKの取材といい、今回の発表といい、なぜか「コンパクトに」話す訓練をさせられたような気がします。自分で望んだわけではありませんが。

 発表の後で、来て下さった数名の方たちから、「貴女の話、まとまっていて、よく分かった」と言われてホッとしました。はしょって、はしょって、エッセンスだけにしたので、説明不足で意味が通じないのではないかととても心配しましたから。 

 そうか、話は手短かで当を得ていることが一番なのですね。皆、忙しいのだから。
しかし、それって最も頭を使い、熟考に熟考を重ねないとできないのです。私にとっては、ハードルが高いというわけです。

 キーノート・スピーカーの、エリカ・シュハート女史が、留袖でご登場されたのにはびっくりしました。私は、会場に到着して受け付けあたりに留袖姿の人を見かけ、「あれえっ、会場を間違えたかしら」と思ってしまいました。

 先生の話で最も興味深かったのは、「喪失により心に傷を負った人」と「喪失をまだ経験していなくて、傷を負っていない人」の間にできる、目に見えない「高い壁」をどう解消していくのかという議論でした。

 先生の著書、Why Me?によると、どっちに問題があるかと言えば、後者(傷のない方)であり、従って後者に教育をする必要があるという事でした。両者を一緒にした教育キャンプを実施し、「already affected」から、「not yet affected」が学びをせよというご提案です。それも、若い、学生時代にやるべきというのです。

 まさに、私が発表でサブ・テーマにつけた「文化的逆風にチャレンジ」とは、シュハート先生のこの提案と、基本的な考え方は一致しますが、私はキャンプまでは考えませんでした。ドイツ人は実行力と、合理性に富んでいるのですかね。スゴい。

 
 
by yoshikos11 | 2007-11-15 00:16 | Comments(0)

夫昌平の13回目の命日

 昨日は、夫昌平の13回目の命日でした。あっという間の13年でした。

 思えば、最初の5年は何が何だか分らずにひた走り、継ぎの5年でようやく学問と出会って「ああ、これが私に与えられた課題」と思えるようになりました。
 そして、この3年でやっと本当の意味で社会復帰できたのかなあと思っています。

 昨日は、仕事の合間に抜け出してお墓参りに行きました。今日まで13年間、昌平は「危なげな」私を常に見守っていてくれたのだなあという思いが込上げました。(生前も、実はそうだったのでしょう)

 そして、周囲で私をずっと13年間支えてくれた家族たちにも、それから、新しく出会った友だちにも(グリーフがきっかけで、何と多くの良い出会いがあったことでしょう)、いつまでも変わらない古い友情にも、深く感謝しました。

 ああ、そうか。命日ッて一年に一度、改めて皆さんに感謝する日なのかもしれない。皆がいてこそ自分がある、生かされているそんな実感を新たにした命日でした。

 今年は、家族一緒の記念行事が何もできませんでしたが(私の仕事の都合なのですが)、夕方、グリーフ・カウンセラー養成講座で教えることになっていたので、生徒さんの皆さんに今日の特別な思いをお伝えし、聞いていただきました。これこそ、一番の癒し、故人への何よりの供養に思えて。聞いて下さった皆さんありがとう。

 一人の生徒さんが、何とこの日を覚えていて下さって、美しいドライフラワーの贈物を持って来て下さいました。やさしいお気持ちにほっろとしてしまいました。日記をとおして、改めて「ありがとう」とお伝えしたいです。

 帰宅したら、長女からメールが入っていて、「特別なことをしなくても、ママが一番やりたいことをやっているのが、ダディにとって一番の供養だと思うよ」とあり、本当に言えていると思いました。彼女は、生前の両親をよく見ていたのですね。
by yoshikos11 | 2007-11-09 11:39 | Comments(0)

デ−ケン先生司式によるメモリアル・サービス 

 11月1日は、キリスト教では諸聖人の祝日と言って、神に召された人たちを祝うのが習わしです。私個人にとっても、11月は亡き人を思う月であり、8日は夫昌平の命日、27日は父の命日なのです。もの思うことが多い11月と言えます。

 今年は、どちらの記念日も仕事で忙しくなりそうで、特別なメモリアル行事はできません。しかし、いずれも死別による喪失がきっかけで始めた仕事です。グリーフ・カウンセラー養成講座や、グリーフ・カウンセリング、「喪失・苦しみ・スピリチュアリティ」についての講演などを抱えています。
 ということで、亡き人たちは記念の儀式をスキップしても、理解してくれるのでは?と勝手に解釈することにしました。

  しかし、儀式は遺された者にとって大きな癒しにつながり、何もしない寂しさが多少あることは否定できません。そこで、今日は、デ−ケン先生が司式される「東京生と死を考える会」の合同メモリアル・サービスに参加しました。
 秋の穏やかな午後のひと時、場所も母校ふたば、幼少時代のなつかしさもあって、いそいそと出かけました。会場に入ると、かわいいカードを渡されて、思いを馳せる故人の名前を書いて提出します。後で、全員のカードをバスケットに集めて前の祭壇に置き、デ−ケン先生のリードで参加者全員で祈りを捧げるのです。
 
 デ−ケン先生のお説教は、30分の中に、死別やグリーフについて大切なテーマが全て網羅されていて、また、分りやすい言葉を使って深い意味を伝えるものでした。一言一言含蓄があり、心に迫るものがあります。
 言葉、音楽、美しい花、キャンドル、全てが一緒に解け合って、親しみやすさの中に、荘厳さも感じられる上質のメモリアルでした。式の間、最近お身内を亡くされた方が、涙を誘われて目頭を拭いたり、しくしく泣く声も聞こえてきました。

 幾つかのグループに別れての分かち合いの時間には、デ−ケン先生が丁度我々のテーブルに来られたので、初めて先生と出会った13年前のことを皆さんにご披露しました。

 昌平を亡くして間もない頃でしたが、仕事の帰りに先生の主催される会に毎週飛んで行ったこと、そしてその会の初めに先生がいつも歌って下さったモーツアルトのAve Verum Corpusが、どんなに私の癒しになったかをお話しました。
 以来、あの曲が私のグリーフ・ソングになり、生活の緊張で泣きたくても泣けなかった日々には、あの曲が助けになって泣けたのでした。それで、今日はデ−ケン先生に、13年間を振返って、感謝の気持をお伝えできました!

 思えば、私が今日こうして死別やグリーフに関する仕事をしているのも、全ての原点が先生であるとフッと口をついて出ました。先生はただニコニコしながら聞いて下さいましたが。
 
 仕事の忙しさに追われる日々、私は、癒しの空間で久々にほっとして、故人に見守られている感じに心地よく浸っていました。 隣では、4ヶ月前に突然ご主人を亡くした若い女性がずっと泣いていました。
 「辛いときは、メールに何でも書いて送って下さいね。きっと、ご返事を書きますから」と言って名刺を渡して別れました。
by yoshikos11 | 2007-11-04 03:02 | グリーフ | Comments(0)