<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

暮れのノスタルジア

 東京に生まれ落ち、海外に居住していた期間を除けば、この都会に半世紀住んでいることになります。その間、引越も何回かしていますが、ふっと気がつくと自分の行動範囲は実に限られているというか、どうしても馴染みの場所に繰り返し戻るのだなあと思うこのごろです。
 現在居住している麹町は、幼稚園から高校まで通ったFutabaにも歩いて行ける距離、中学高校時代に熱心に通っていたイグナチオ教会や、上智の聖三木図書館も散歩コースです。晩年になって再びこの教会に返り咲き、上智のコミュニティー・カレッジも利用しています。
 1986年から6年間、最初、Bottega Venetaの一号店を麹町の大通り(麹町警察の真ん前)にオープンし、その後、店を閉じてからも、自営で株式会社インフィニティー(海外ビジネス・コンサルタントの事業)を元の日本テレビの側でスタートさせました。

 昔は閑静な住宅街を背して、オフィスビルはちらほらだったのが、今やその比率は逆転して随分趣きが変わってはいるものの、私にとって麹町はなんとも「なつかしい」街でありホッとする場所なのです。

 昨日は、用事があって日比谷に行きました。今年オープンしたばかりのペニンシュラー・ホテルの直ぐ側を通ったので、好奇心旺盛の私は、思わず中へ入ってみました。この場所には、以前、日比谷パークビルがあり、そのビルを壊した跡地にホテルが建ったのです。私は、かつて日比谷パークビルの4Fにあったフランスの船会社に3年ほど務めていたことがあります。(1970代の後半)

 なつかしい建物が消えて、モダンで華やかなホテルに変わってしまったのは、ちょっと寂しい感じがしました。かつては、航空会社や、その他多くの外資系のオフィスが占拠していて、ビジネスマンや、ウーマンが一階のロビーを気ぜわしく往来していたー私の脳裏にはいまだにそんな光景と独特の活気が残っています。ペニンシュラーの1Fは、カフェになっていて、今や、カップルや家族連れがのんびりとホリデー・ブランチをしていました。

 午後には、このブログでも以前ご紹介したことのある、世田谷事件のご遺族、入江杏さんの講演会が早稲田大学であり、「ぜひ来て下さいね」とご本人から夏以来言われていたので、万章繰り合わせて駆けつけました。実は、この早稲田界隈もなつかしい場所の一つです。私たち一家は、1980代にこの土地に住んでいました。

 たまたま、入江さんの講演があった井深ホールは、当時私のジョギング・コースであったグランド坂に面していました。早稲田の街は今も昔もあまり変化がなくて、古本屋、リサイクルショップ、古道具屋、ラーメンや、銭湯が相変わらず健在でした。

 早稲田を歩きながら、まだ夫が健在であり、3人の娘たちも中学生、高校生だったあの頃のことが、一挙に思い出されました。「あの頃の一家団欒、なつかしいなあ」「冬はお鍋もやったっけ」そんな思いで会場へ。

 色々が重なって、昨日は、なんだかとてもノスタルジックな気分に浸った一日でした。

 
 
by yoshikos11 | 2007-12-24 11:17 | Comments(0)

映画「再会の街で」

 ゆうべ、ソニー・ピクチャーズの試写会で、マイク・バインダー監督の「再会の街で」を鑑賞しました。この映画の脚本は、バインダーが9/11遺族たちにインタビューした結果、フィクションに書き下ろしたものです。
 明日から、恵比寿ガーデンプレース・シネマ、新宿武蔵野館などで一般公開予定で、お薦めの一作です。

 特に、グリーフ・カウンセラー養成講座を取られた方々にとっては、講義で習った理論が映画の中でフィクション化され、紹介されているので、きっと、「ぴんと来る」シーンやエピソードが次々に展開する思いかもしれません。大変有効な復習になるはずです。

「ノーマル・グリーフの過程」もその一つ、また、9/11テロ事件はもとより、戦争や犯罪のような残虐で理不尽な死を遂げた犠牲者の遺族の「複雑なグリーフ」、「トラウマを伴うグリーフ」「トラウマの癒し」など、この映画は、様々なテーマを網羅しています。

 この映画の主人公は、妻、幼い娘3人を、9/11の事件で失ったという設定です。突然に、最愛の人たち4人を一挙に、しかも、「テロ」と言う、衝撃的で、その怒りはやり場のない喪失体験をしました。ハイ・グリーフの全ての条件を備えています。

 映画は、フィクションですが、実際には主人公と同じように悲劇的な経験をした人びとが沢山いることを、そして、そうした人びとの中には人生をメチャクチャにされて、その後再起不能な人びとが、恐らく多くいることを思い起こさせ、胸が痛みました。

 9/11を想起するとき、その裏には、国家レベルの諍い、宗教戦争などが当然見えてくるわけですが、本来、責任を問われるべき権力の座にいるリーダーたちというよりも、そうした紛争の犠牲になるのはーメガ・デス(MEGA DEATH)の犠牲者ーは、常に何の責任も罪もない、無防備な一般市民であることに憤りを新たにしました。

 
by yoshikos11 | 2007-12-19 11:28 | Comments(0)

子供に死を教える

 今年も暮れようとしています。やらねばならないことが山積みで、押しつぶされそうな気がしているのは、私だけではなさそう。きっと、皆さんこの時期、同じ思いで走っているのでしょう。お互いに焦らず、慌てず、時間とじっくりつきあいたいものです。

 そしてこの時期、毎年のことながら、既に喪中ハガキが数通届いています。これは、日本特有の習慣ですね。その文面について、なぜか近年は「00は。。。永眠しました」という表現が流行のようで、私の受領したハガキの中で、7通中6通が「永眠」という言葉を使っています。
 さて、死生学の立場から一言苦言を呈したいのです。「愛する人が眠った」のではなく、「死んだ」のだということを、なぜ、言わないのでしょうか?それは、「死」という言葉が、ショックだから?相手に不快感を与えるから?「死」は、語るべきではないから?あるいは、死が、本当に「長ーい眠り」と思いたいから?
 どれも不自然な考え方ではないでしょうか?「死」は現実に起こることだし、現にハガキの送り主は、皆さん今年身近に「死」を経験されたのですよね。そして、いつか誰もが経験することなのに。どうも、当たり前なことを、誰もが見ないようにしいるか、真直ぐ向合うことを避けているように、思えてなりません。

 GCCの講座では、「子供にどのように死を教えるか」というテーマを扱いましたが、その中で、「大人が子供に対して、正直に真実を伝えるべきである」ということを強調しました。子供は、年相応に死を理解するからです。
 にもかかわらず、「おじいちゃんは、長ーい眠りについた」とか、「長期の旅行に出かけてしばらく帰らない」とか、うそを言うと、やがてうそがバレて、子供の信頼を失うとか、子供が死に対して混乱するか間違った発想をして、かえって怖がったり、不安がったりするという弊害があるのです。

 喪中ハガキ、過去には「00が死去しました」という表現もあったと言う記憶なのですが、なぜか最近は見かけません。クリスチャンはよく「帰天しました」と言いますが、これも又、ノン・クリスチャンにとっては違和感のある表現のように思えます。

 私自身が死んだ時、ぜひ、前者の表現をして欲しいと思っています。孫たちが、混乱しない為にも、お願いします。

 

 
by yoshikos11 | 2007-12-14 23:31 | Comments(0)

先生冥利

 夕べ、GCC秋季養成講座、基礎編13回を終えました。毎回、伝えたい情報が沢山あって、その間、参加者との質疑応答、経験談の分かち合いも交えたいしで、いつも授業は時間オーバーでした。
 参加者が、熱心について来て下さったことに感謝しています。そして、皆さんが真摯に学びながら、常に自己や自己の喪失体験と向合っていたことが思い起こされ、講師として大変教えがいがあったと思っています。

 中国の孔子の教えに「学んで、そして思う。また、楽しからずや」というのがありますが、学問するとは、知識を得ることによって、それを自分の経験と照らして思ってみるー観想するーそれが楽しいのだと言うのですね。

 死生学の私の恩師、モーガン先生は元々哲学の教授ですが、やがて死生学を専門に教えられるようになりました。ある時私は、どうしてモーガン先生が哲学から死生学に移行されたのか、直接ご本人に質問したことがあります。
 そのとき先生は、「若い学生に哲学を教えることよりも、人生経験を積んだ大人に死生学を教えることの方が、より楽しいから」と言われました。そして、「私のは、同じ哲学でも、Philosophy of Lifeです」とおっしゃったこともありました。

 私には、モーガン先生の気持が、今頃になってやっと分るようになりました。本当に、大人の生徒さんから、色々人生経験を聞かせていただくことは、先生冥利につきると思うこのごろです。その意味でも、皆さんに感謝しています。
by yoshikos11 | 2007-12-14 22:36 | Comments(0)

グリーフ、負のエネルギー

 最近、ある方とグリーフの「負のエネルギー」についてお話をしました。その方は、お兄様を亡くされて、そのグリーフをコラージュに表現されました。お兄様との死別後、約一年あまり、来る日も来る日も、ひたすらコラージを制作されたそうです。

 全部で380点あるというコラージュの膨大なコレクション、私は、その感動の作品の一部を拝見する栄によくしました。作品の全てに作者の精魂が込められて、そこには日々移り変わるグリーフが、アートというメディアを通して、美しくも、悲しくも表現されているのです。

 作品のあまりの美しさにうっとりと見とれて感動しました。そして、考えられない点数と、それに費やされた気の遠くなるような時間を思うとき、グリーフの「負のエネルギー」の大きさに圧倒される思いでした。それだけ、この方のグリーフが強いということも言えるのかと思います。
 しかし、「負のエネルギー」が表現することで外に放出され「正のエネルギー」に変化し、その方の場合には、グリーフが浄化することになったのですね。もし、それが内に込められて、押さえつけられたとしたら、どうなったことでしょうか?

 グリーフの複雑化とか、病気化とかいう現象がありますが、まさに、この「負のエネルギー」が押さえつけられ、行き場がなくて、長い間に、心や体に悪さをする結果だと思います。

 このテーマをブログに書こうと思っていたところ、また、別の方から事例2に繋がるご連絡を受けました。皆さんも多分ご存知の「世田谷事件」。その犠牲者のお身内である、入江杏さんが、ご自身の喪失体験を綴られた著書が出版になったというお知らせがご本人から届きました。

 題名は、「喪失が教えてくれたこと」(春秋社)です。恐らく、思い出すのもつらく、苦しく、語ることすらはばかられる犯罪事件の体験を、勇気を出して書かれた入江さんを多いに賞賛したいです。
 一方で、なぜ彼女にそれが出来たのか、そう考えると彼女の「負のエネルギー」を思わずにはいられません。そのグリーフが大きければ大きいだけ、エネルギーも比例するのかと想像します。

 喪失体験をして苦しむ多くの方々に、今日ブログに取り上げさせていただいたお二人は、勇気と希望を与えると信じています。

 
by yoshikos11 | 2007-12-06 11:42 | Comments(0)

甦り

 那須高原でウィークエンドをのんびり過ごしました。山の麓は、12月というのに、まだ紅葉が美しく、青空に映えて目を和ませてくれました。

 時には、日常の雑多なことを忘れて自然に親しむことが必要ですね。このところ、あれやこれやに追われて、ホッとする間のなかった自分が、一息入れることで甦って行くのが分りました。休まないと、疲れていることさえ気がつかなくなるから怖いです。

 カナダから、クリスマス・グリーティングが早くもちらりほらり送られて来ました。ただのカードでなくて、一年間の近況を伝えるレターなどもあります。

 その一つ、神学の教授Garyと奥様のSusanから。いつもThanks Givingや、クリスマスのディナーによんでくれたり、私も夏、一家がバケーションで留守をした時には、cat sittingとhouse sittingを引き受けたり、彼等とは、とても親しくしていました。

 昨年のクリスマス・レターには、13歳のお嬢さん、Hannah の奇跡的な生還のストーリーを伝えて来ました。彼女は、昨年の秋に交通事故で車にはねられ、脳挫傷になり、生死を彷徨うと言う大変な経験をしたのです。Gary とSusanは、どんなに心配したことでしょうか。レターには、その時の二人の悲痛な気持が綿々と書かれ、私も心底同情しました。

 しかし、神様はHannahを見放さず、皆の必死の祈りを聞き入れて、彼女は一命をとりとめたのでした。ただ、リハビリも大変で、日常生活や、学校への復帰にはかなり時間もかかるだろうし、予断は許されないと言うことでした。

 この一年、時々、Hannah のことを思い出しては、どうしているかと気にしていました。

 そして、再び今年もクリスマス・シーズンがやってきました。Hannahは奇跡的な回復をとげ、学校にも復帰。一時は記憶喪失かと心配したのに、今ではその心配も解消し、何と今学期は全科目の平均点が82.5点、と事故前の学業レベルを取り戻したとありました。

 「神様は、祈る人たちを尊重してくださる」「神様には、不可能なことがない」という聖句が、GaryとSusanの口から伝えられると、本当に信じられる気がします。

 私は、愛する人を亡くして悲しむ方々に寄り添うのが仕事です。時には、かける言葉も失うほど大変な経験をした方々がいて、ただ一緒に苦しむだけのことがあります。
そんな日々に、Hannah生還のニュースは、本当に心が暖まりました。

 甦りはあるのですね。

 

 

 

 
by yoshikos11 | 2007-12-06 01:00 | Comments(0)

ちょっと一息いれます!

 11月30日に、聖アンデレ教会での信徒講座でお話をさせていただき、これで今年は全て講演は無事に終えたことになります。ちょっとホッとしました!

 この半年、有り難いことに、各方面からお声をかけていただき、通算13回、講演をしたことになります。主催者のご要望がそれぞれ違うので、全てオリジナルの原稿を作成して、対応してきました。そんなわけで、準備に膨大な時間を費やしました。

 苦労もありましたが、日頃から、できるだけ多くの方にグリーフと、グリ−フケアのことを知っていただきたいと思っているので、話す機会を与えて下さった各団体の皆様には心から感謝しています。

 気がつけば師走。やらなければならないこと、一杯ありますね。クリスマス・カード、年賀状、来年の講座(上級編)の準備、経理処理、エトセトラ。しかし、このウィークエンドは、全て忘れることにしました。

 走り詰めに走った数ヶ月、さすがに一息つきたくなりました。2-3日、娘一家と、那須高原に行ってきます!もう、紅葉は終わっているでしょうけれど。

 
by yoshikos11 | 2007-12-02 01:08 | Comments(0)