<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

流産・死産とグリーフ

 f0101220_2323853.jpg 3月28日、日曜日、朝からどんよりとした曇り空、真冬のような寒さでした。その日は「流産,死産、グリーフケアを考える」というタイトルの講演会が慶応大学三田キャンパスであり参加しました。主催は「ポコズママの会」という死産,流産経験者の方々の支援団体ですが、この会の世話役の方々と、会の相談役、竹ノ上先生(慶応義塾大学看護医療学部教授)は、昨年、GCCの講座へご参加下さりそれがご縁で私も皆さんの活動に興味を持つようになりました。
 会場には、70名もの参加者が一同に会し(経験者と医療者を含めて)中にはカップルで来ている方も数組あり、皆さん熱心に聴講していました。同じ苦しみを体験した方々の間には、自ずと互いに思いやる気持ちや、静かな連帯感があるように感じました。皆さんホッとする場所でもあるのでしょう。
 なぜなら、世間一般は、生誕を待たずして亡くなった命について、母親が、そして父親もどんなにつらい思いをしているかなど理解していないからです。苦しんでいることすら、誰も気に留めてくれないとしたらどうでしょうか。その意味でも、竹ノ上先生がカップル対象に支援を考えると言われたことは、たいへん有益なことと思いました。せめても、夫婦が互いに思いやり、労り合い、支え合えたら、苦しみの中に、一抹の救いを感じられる気がします。
 講演者の一人は、初めてのお子さんを臨月で死産されたIさんでした。会場は水を打ったようにシーンと静まり返り、皆,Iさんの話に聞き入っていました。涙を拭っている人、うつむいてじっとこらえている人、会場全体がIさんの思いに寄り添っていたと思います。この世で、これほどまでに理不尽で不条理な喪失があるでしょうか。
 その後で、Iさんの主治医で産科医の竹内正人先生が話されましたが、先生はあたかも数年前のIさんの出産、その時、その瞬間、その場を追体験されているかのようでした。そして「私たち医療者もつらいのです」と実感を込めて一言。本当にそうだろうと想像しました。竹内先生の言葉が強く心に焼きついたまま、私は会場を後にしました。
 ギリシャ悲劇では、苦しむ人は聖なる存在、皆が畏敬と尊敬を持って崇めると言います。そんなことを思い出しました。

私のサイトもよろしく:http;//www.gcctokyo,com
 
 

 

 
 
by yoshikos11 | 2010-03-31 01:31 | Comments(0)

精神科医の視点から:グリーフ理解(つづき)

 張先生のご指摘から、ぜひ、受講性には真剣に考えてもらいたいことが他に一点あります。それは自らの命を断つ行為を、「自殺」と呼ばずに「自死」と呼ぶ風潮に関してです。これは遺族の要望で「自殺」と言う言葉のイメージが強烈で衝撃が強過ぎることから、それに対してよりマイルドで衝撃も緩和される言葉「自死」がふさわしいと言う理由でそうなったと言われています。いわば同じ行為を言い表すのに後者は湾曲化しているわけですが、今では「自死遺族」という言葉が定着しつつあります。
 さて、張先生によると「自死」と呼ばれる行為は、正確には「病理性のない」「意志的な」死の選択であり、むしろ、確固たる哲学的信念に基づいて理性的に決行した場合にのみ言えることで(参照、須原一秀「自死という生き方」)この定義に当てはまらないケースまで全て「自死」と呼ぶのはおかしいと言う事になります。
 一つ前のブログに書いたように、自らの命を立つ決断をした人の大半が、少なくともその時点では(原因や状況は様々でも)精神の異常を来していると言う事実があるなら、病的で、正常な意思決定のできない状況での死の選択が圧倒的に多いことになります。(すなわち、正確な意味での自死はかなり限定されるわけです)
 この問題、たかが言葉ではないかと思う人もいるかもしれませんが、少なくとも死生学を勉強し、グリーフやグリーフ介入に関して学問的に探求する者は、見識を持って言葉を使用すべきと思います。
 さらに、張先生は貴重なポイントを指摘されました。自殺という現象を湾曲化することでの弊害は、現に精神科の介入が必要であるシリアスな状況にまで、目をつぶる、軽視する、曖昧にすると言うことです。言い換えるなら、自殺の原因を正視しない傾向は、今後、自殺予防に役立てられるはずの情報が得られず、救えるはずの人も救えないと言う悪循環になります。
 また、遺族のグリーフ・ケアの視点からも、遺された者が亡き人を救えなかったことで不必要に自分を責めることも、「病気だったのだ」と思えれば軽減すると、先生は言われました。勿論、病気に気付かなかったことや、薄々気付いていたのに専門家に連れて行かなかったことで後悔することはあるかもしれませんが、死に追い込まれた原因が皆目分からないよりは、遥かに気持ちは楽ではないかと想像します。
 最後に私の感想ですが、支援者として遺族に誠心誠意寄り添いたいと思うなら、事実の湾曲化をしていては到底、その目的は達成できないだろうと言うことでした。グリーフ・カウンセラーは文化の流れに逆らって進むことが求められていると、張先生の鋭い指摘に改めて思いました。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com

 
 
by yoshikos11 | 2010-03-29 00:45 | Comments(0)

精神科医の視点から:グリーフの理解

 大切な人を亡くして、あまりのつらさに先ずは精神科医を訪ねる人は多いようです。その場合に医師が死別に伴うグリーフについて理解していると、色々な意味で安心です。患者が眠れない、食べられない、うつ状態で日常生活もままならないなどと訴えたとしても、そうした症状がグリーフの特徴であると把握した上で適切な対処してくれるからです。
 さて、そのような精神科医は世界的にも極めて少数派です。そんな一人である張賢徳(よしのり)先生をお招きし、昨日、GCCの「資格認定コース」の受講性たちは3時間に亘る講義を拝聴しました。特に、張先生は自殺・自死遺族のグリーフについて実地調査をされ、著書「人はなぜ自殺をするか」を出版されています。日本では遺族の協力が極めて得にくいことから調査に当たっては色々ご苦労がおありだったと伺いました。とするなら、本書は貴重な文献と言えます。

 私が最近気になっていること、自殺・自死遺族のグリーフを限りなく「貧困」問題と結びつけて、自殺の原因イコール貧困と言うような短絡的な図式化をする世の傾向です。それを張先生は明確に是正して下さいました。(貧困の問題を決して軽視するものではないとしつつ)自殺の要因は複雑で多岐に亘っているが、人が自らの命を絶とうと決意する時点では、大半の人が精神を病んでいると言うことです。そうした事実を一般はもとより支援者でも知らない人が多いのが現状です。
 従って、自殺予防対策上、自殺既遂、未遂にまつわる心理を一般が理解し、水際で救済する精神科医療の充実を図ることが急務だと言うことになります。その問題と取り組まない限り、日本の自殺予防対策は功を奏さないであろうと言うお話でした。現状では、精神科医療への国家予算は大幅に不足していて改善の兆しも見られないのだそうです。

 他にも示唆に富んだ学びが多々ありましたが、常々私がGCCの講座で主張していることを、昨日は精神科医がお話くださったことで、より説得性があったのではと思われ、先生には感謝です。

つづきは又別途書くつもりです。
私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2010-03-28 11:41 | Comments(0)

人生に無駄なものは一つもない

 f0101220_2361769.jpg 昨日は完全に冬に逆戻りでしたね。孫の卒業式(小学校)へ誘われたので行ってきましたが、会場の体育館、暖房が付いているのですが、そこ冷えがして大人たちは皆「寒い寒い」と震えていました。一旦咲き始めた門の桜も戸惑っている感じです。
 先週、水野治太郎先生の講義のことを改めて書こうと思いつつ、あっというまに一週間が過ぎてしまいました。先生はこれまでに1600名もの死別体験者の話を聞いて来たと言われます。そしてその一人一人のストーリーをどれも覚えていらっしゃるそうです。細々したディテールは定かでない場合もあるが、話の筋は人夫々違い、特徴があり、決して忘れないとのこと。人生の一大喪失についてのストーリーはどれも人の心に焼き付いて容易に離れないのですね。
 そんなストーリーの幾つかをご紹介くださいましたが、特に心に響いた事例は、娘さんを交通事故で亡くした両親が、加害者を最終的に赦したというお話です。子どもを不慮の事故、しかも相手の過失で亡くすほど受入れ難い死別はないでしょう。幾歳月、苦難の日々を送りながら、きっとその親御さんは仏様のように慈悲深い気持ちになられたのかもしれません。人間には真の意味で「赦す」ことはできないのではないかと思うからです。もっと些細なことでも赦せずにいつまでも根に持っていることだってあります。
 一方、生涯誰かを恨み、憎みながら生きることの心の負担を思えば、「赦す」と言う行為は自己の救済にも繋がるのではないかと思います。こうした感動的な話は、確かに簡単に忘れることはないでしょうし、また、カウンセラーの仕事をしていてカウンセラー冥利につきる瞬間に違いありません。水野先生曰く、「当初は最悪としか思えない悲劇であっても、年月が経って振返ったとき、そのことから人生の深い学びがあったと気付くことがある。人生には無駄なものは一つもない」と。
私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com


 
by yoshikos11 | 2010-03-27 03:40 | Comments(0)

映画「マイレージ・クラブ」

 この連休、20日はGCCトレーニング・コース、21日は入門講座があり、両日とも一日仕事になりました。トレーニング・コースは生命倫理とグリーフケアの専門家、水野治太郎先生を講師にお迎えして指導していただきました。(内容については改めて紹介します)

 今日22日はさすがに少し小休止、昼は墓参、そして夜はジョージ・クルーニー主演の映画「マイレージ・クラブ」を見てきました。コメディタッチで社会を風刺した作品です。まさに時代を反映したリストラがテーマ、しかし重たい雰囲気がないのが不思議です。
 主人公のクルーニーは、企業の解雇業務を請け負う会社の社員です(そんな会社があるのですね!)全米を飛行機で飛び回り、連日多企業の解雇対象者に面接し「貴方のポジションは必要なくなりました。お引き取りください」とドライにクールに告げて廻ります。普通なら誰もが避けたい嫌われ役ですが、主人公は完全に仕事と割り切っています。
 そして、彼は一年325日機上の人であり、マイレージを年間百万マイルも獲得します。そのため身軽に生きる哲学を身につけ講演まで頼まれる知名人です。恋人も家庭も持たず、自宅には必要最小限の所持品しかありません。かと言って彼には暗いイメージはなく、むしろ颯爽として生きている感じさえします。(クルーニーが演じているからかもしれませんが)
 映画では。解雇を言い渡された人たちの様々な反応〜言葉や表情〜を描写しますが、一度でも解雇を経験したものにとっては、フィクションとは言え身につまされるかもしれず、また、不謹慎と思う人もいるかと思います。しかし、三行半を突きつけられた時の気持ちは、皆同じなのだとどこかホッとさせられる面もあり、うまく作られています。
 また、解雇業務請け負い業があると言うからには、雇用者側も社員をリストラすることには心情的、感情的に多いに抵抗があると言う証拠なのでしょう。私の亡夫は生前、ある商社でリストラの総責任者だったことがあり、亡くなってから同僚の方から「あれは、本人にとってどんなにつらい役割だったか、命を縮めたのでは?」と言われたことを、映画を見て思い出しました。夫は一見コワモテながら心根はやさしい人でしたから、身にこたえたのかもしれません。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
 
 

 
 
 
 
by yoshikos11 | 2010-03-23 02:57 | Comments(0)

シンポジューム:自殺と貧困から見えてくる日本

 「反貧困ネットワーク」(代表、湯浅誠)と「自殺対策センター・ライフリンク」(代表、清水康之)の共催で、3月10日、上記演題によるシンポジュームがあり参加しました。コーディネーター役は僧侶で自死遺族のケアに務めている中下大樹氏です。都心の会場には800人もの人たちが詰めかけ場内は熱気に溢れていました。「貧困」と「自殺」と言う日本が抱える深刻な問題に市民の関心が高まりつつあることを肌で感じました。
 もっとも、湯浅、清水両氏が今や、社会改革の旗頭的存在であり、民主党政権のアドバイザー的役割を担っていることから、鳩山総理をはじめ、長妻、福島両閣僚も来場し挨拶をするなど、大きな目玉があり集客効果に繋がっていたのは事実でしょう。
 湯浅誠氏の講演は以前聞いたことがあり、彼曰く、現代の貧困とはかつてとは違い「ワーキング・プア」――働けど働けど生活苦から逃れられない――と言う性質のもので、それが経済構造上の弊害、小泉・竹中路線の負の遺産と批判していました。経済の抜本的変革がなされない限り、貧困の問題は解決しないと言うことになります。
 
 さて、貧困の問題がなぜ「自殺」の問題に直結するのか、この点は清水氏や中下氏が統計的に説明し、自殺の7~8割が過重債務、リストラ、失業など経済的困窮に起因すると言います。この点、もう少し説明が必要であり、経済的な危機から精神的に追い詰められ、うつ病、心身症などに陥り、結果自殺へと向かうということだと思います。
 しかし、経済動向と自殺率の関係は、バブル崩壊後、自殺率が一挙に上昇したことで、既に指摘されていたことでした。その後、経済が回復した時期もありながら、一向に自殺率が下降しませんでした。政府もその後、自殺予防対策については、心のケアを重視するようになりました。

 自殺の原因が経済の問題ということは一理あるとしても、実際にはもっと多面的で、複雑で、複合的な要素が絡み合っていると見るのが正しいのではないでしょうか。日本ほど過激な競争社会はないと言われます。企業に限らず、教育の現状一つを取っても受験戦争が弱年化しているなど、世界に例を見ないほどです。私は、そうした競争社会の精神的行き詰まりが、自殺という現象になって現れているように思えてなりません。(効率、利潤、生産性追求、物質的価値へ偏重の社会)

 では、どうしたら良いのか。社会改革も大切であり、湯浅氏や清水氏(他にも多くの支援者が自殺予防に心を砕いています)のようにセーフティネットを充実させ、水際対策をする仕事は貴重であると思いますが、自殺の問題はもっと根深く、日本人の価値観、人生観、生き甲斐など心の有りようを問われているのではないか、大会に参加してそんな思いを深めたのでした。

 私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com

 
by yoshikos11 | 2010-03-14 15:09 | Comments(0)

先週に引き続き:「やまない雨はない」感想

 皆さんにお薦めしたドラマ「やまない雨はない」を見て直ぐに感想を書こうと思いながら、この1週間、GCC会報「コンパッション」(3号)の原稿をまとめるのに思いのほか時間がかかり、ブログはおあずけとなりました。このドラマ、渡瀬恒彦も黒木瞳も熱演でソコソコ楽しめましたが、端的に言って、主人公、倉嶋厚さんの心境を追うには本の方が良かったという印象です。エッセイを元にドラマ制作って難しいのですね。
 とは言え、印象に残ったシーンも幾つかありました。その一つ、主人公が医師から奥さんの病気を告げられるシーンです。突然、予後不可能のガンであると言われて、彼はその場で泣き崩れてしまいます。その姿を見てしまった奥さんは「自分は治らないのだろう」と察知します。そして、医師に「本当のことを教えて下さい。あと、どのくらい生きられるのですか?」と必死で迫ります。
 奥さんとしては、何もかも自分に頼っている夫に、残された時間であれもこれも教えなければならないと咄嗟に判断したのですね。患者のショックを気遣って医師は家族告知をしたつもりが(当時は、ほぼそうだったようですが)このカップルに限っては、妻の方が夫より遥かに気丈で、しっかりしていたわけで、逆に、患者が家族をかばう形になります。自分の死と真っ正面から向合う彼女の姿には心を打たれました。
 家族告知の場合、最悪の病状を患者本人にどこまでどう伝えたものか、家族は多いに悩み、苦しむのが通常だと思うのですが(私も経験者なので察しがつきます)ドラマは異例の展開に。

 もう一つ良かったシーンは、夫婦が公園のベンチに座って迫り来る別れのつらさを語っているところです。夫は「君が死んだら、僕も死ぬ」と告白するのですが、妻は「私は、死んでも貴方の心の中に生き続けることでこの世と繋がっていたい、そうすることで生き続けたいと思っているのだから、貴方は生きなければダメ」ときっぱり言います。彼女は本当にそう思っていたのかもしれませんが、この世に一人遺して逝く夫に対して、これ以上の名セリフはないなあと感心しました。
 また、夫婦で「死別」のことをきちんと話せると言うのは素晴らしいことだと思いました。これは中々できないことなので余計にそう思います。ドラマでは、患者が偶然、死期について知ったからと言うことで可能になりましたが、本人へのインフォームド・コンセント、この意味で大切なんですね。別れを意識した上での会話、悲しいだろうけれど互いの愛も深まるだろうと想像します。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
 
 

 
 

 
 
by yoshikos11 | 2010-03-14 01:22 | Comments(0)

男性のグリーフ:「やまない雨はない」

 今夜、9時からテレビ朝日のドラマスペシャル、「やまない雨はない」があり、ぜひ見ようと思っています。同名の本のドラマ化ですが、著者は元、気象予報士、倉嶋厚氏です。だいぶ前に本書を読んで、男性のグリーフの貴重な参考図書だと思いました。
 倉嶋氏は相思相愛の奥様を亡くして激しいグリーフを経験、あまりの辛さにある時、ビルの屋上から飛び降りて死のうとします。しかし「飛んだつもりが、同じ場所で上に飛んだだけだった」と言い、自殺未遂に終わります。死ぬことさえうまくいかない、情けないと更に落ち込みます。
 奥さまが亡くなる以前から、倉嶋氏は確か、うつ病を煩っており、生前、奥さまは陰になり日なたになりご主人を支え続けていました。人生のパートナーであり、共に生活を担っていた伴侶との死別は、病弱でない健常者にとっても極度のストレスです。心の病と闘っている者にとっては、耐え難いストレスとなり、グリーフは複雑化の傾向と学者は言っています。
 一命を取り留めて,その後、倉嶋氏がどのように立ち直って行ったのか、詳しいストーリーは忘れてしまったので、今夜のドラマに興味津々です。

 昨年、GCCでは「男性とグリーフ」というテーマで、東京大学のY先生に講演をしていただきましたが、そのときは、珍しく参加者の半数が男性でした。男性は子供の頃から「男の子は泣かない!」とか、「男の子は強くあるべし」と親はもとより周囲から言われるので、本当につらく悲しいときにも泣くに泣けない、悲しみの感情を押さこむ習性が身に付いていると言われます。
 また、悲しみの感情を表現することは、「弱み」を見せること、社会的に不利なことと思われているようです。そうした視点から見るなら、グリーフは、まさに、自己が脆弱にされる経験なので、できれば蓋をしてさっさと忘れるのが一番、ということになります。
 しかし、果たしてそうでしょうか? 「男性のグリーフ」に関心のある方、今夜のドラマ、お薦めです。あとで感想を寄せて下さる一層うれしいです。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com

 
 
by yoshikos11 | 2010-03-06 14:27 | Comments(0)

ひな祭り

f0101220_22575582.jpg昼間は春めいた日射しにちょっとほっとしました。でも、夜はまだ冷えます。春の待たれるこのごろですね
今日は桃の節句。このところ、ちょっと忙しくて、桃の花を愛でる心の余裕もありません。また、私には孫が5人いますが全員男の子。それぞれに「兜」の飾りものを買ってプレゼントしましたが、雛人形とは最近、ご縁がないのです。かつて娘たち3人が幼かったころには、おひな様を飾り、ちらし寿司など作って祝った記憶です。
 話は変わります。前回、カナダのフィギュア・スケート選手、ロシェットのことに触れましたが、その後、聞いた話です。「お母さんを亡くしたので、審査員の同情票を集めて銅メダルを獲得したんじゃない?」と言った人がいたそうです。そんな風に受けとめる人もいるのかと悲しい気がしました。真剣勝負のオリンピックで同情票なんてありえないと思うし、目立ったミスもなかったし、本人は精神力で危機と対処し、スケーターとしての実力を正当に評価されたと信じています。
 上述のような根拠のないコメントを、もし、ロシェット本人が耳にしたらどうでしょう。グリーフを抱えて苦しむ人が、それに追い打ちをかけるような心ないことを言われて、不必要に苦しむことがよくあるのです。また、グリーフ・カウンセラーとしては、日頃から人の心の傷みにセンシティブになるように自己鍛錬することが大切ですね。

私のサイトもよろしく:http://gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2010-03-03 23:49 | Comments(0)