<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

畠山直哉展のタイトル?

 昨日に引き続き、畠山直哉展について。タイトル『ナチュラル・ストーリーズ』(NaturalStories)は、意味が分かりにくいと思いました。あれだけ迫力があり、深い哲学もある写真展なのに、もっとアッピールする表現はないのだろうか?
 たとえば、独断と偏見ながら、私だったら、『自然が語る瞬間』(The moment the nature tells a story)とか、『自然が語る究極の物語』(The Ultimate Narrative of the Nature ) なんて呼びたくなります。
 もちろん、言葉では表現できないものを、写真そのものが多く語っているので、良いのかもしれません。
by yoshikos11 | 2011-10-19 10:52 | Comments(0)

畠山直哉写真展

 世界的に日本を代表する写真家、畠山直哉の写真展を見に行きました。恵比寿ガーデンプレイス内、東京都写真美術館で開催されています。大自然のダイナミックな姿を、独特の感性で、カメラに収めている芸術家です。解説によると、その作品をとおして、自然と人との関わりを追求しているところが、ユニークであるとあります。

 特に、圧巻だったのは、岩山の爆破(ブラスト)シーンを近距離で撮影した動画です。館内の巨大スクリーンいっぱいに、爆破の瞬間が次々と描き出され、形状、サイズ、カラー様々な岩石が飛び散り、砂塵がもうもうと舞い上がり、その様子が空間を踊るアートそのものなのです。見ていると恐怖感と同時に、美しさも感じるから不思議です。

 畠山直哉は、今回の大震災で壊滅した陸前高田の出身。震災前に撮影したのどかで美しい郷里の風景写真とともに、津波によって崩壊し、変わり果てた街の光景をたくさん記録し、展示しています。特に震災後の写真には、芸術家としての客観的な眼と、故郷の喪失を憂う個人の思いとが、微妙に交差し、去来している感じが伝わってきました。
by yoshikos11 | 2011-10-19 01:14 | Comments(0)