<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ふるさとの山はありがたきかな

f0101220_19452852.jpg
 
 今週末、都内の桜が一斉に開花しました。先週、訪れた盛岡(岩手県)では、春は未だ先のようでした。県立岩手美術館の庭内から、雪帽子をかぶった岩手山がくっきりと臨めました。
 陸前高田の知人、Kさんが、盛岡まで来て下さり、被災体験の話をゆっくりと、時間をかけて語ってくださいました。
 
 Kさんは震災で愛するご主人を、そして多くの知人、友人を亡くし、家も失い、その上ご自身は負傷し、という三重苦、四重苦を背負い、たいへんなグリーフを抱えました。そんなとき、リハビリ中に滞在した盛岡で、Kさんの悼む心をしばし慰めてくれたのが、この岩手山だったそうです。

 高田の街は無惨にも壊滅し、思い出に満ちた場所が一瞬にして消えてなくなったとき、Kさんにとって若い頃、何度か登った岩手山が、変わることなく「そこに」いてくれたことが、安心感を取り戻すよすがになったのでしょう。

 Kさんにとって、まさに『ふるさとの山はありがたきかな』だったのです。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
 
 
by yoshikos11 | 2014-03-30 20:16 | Comments(1)

2014年・GCCの活動・東日本大震災3周年

 忙しくしていた日々、時間の経つのが早くて、2014年も2ヶ月半過ぎました。その間、GCCでは、1月には基礎講座が、2月にはトレーニング・コースがスタートしました。どちらも、大変熱心な受講生を迎えて、講師を務める私は、日々、教えがい、生きがいを感じています。

 そしてこのところ、グリーフ・カウンセリングの申し込みが増えています。私自身はもとより、GCC認定グリーフ・カウンセラー数名が、全身全霊でお相手をしています。私たち一同を信頼して、来談して下さる方々へ、感謝し、少しでもお役に立てれば本望に思っています。

 昨日は、東日本大震災3年目の記念日を迎えました。ここ数日、テレビ各局は特集を組み、震災で大切な家族を亡くされた方々への取材に、多くの時間をかけて、報道していました。

 皆さん、まだグリーフ真っ最中なのに、こうして取材に応じている、その勇気を讃えたいと思いました。テレビを見て聞くだけで、何も役に立てず、申し訳ないという気持にもなりました。
 しかし、悲しみを語る方々は、裏返せば、亡き人への愛を語っているんだと気付き、なぜかこうした報道では、実は「愛」がテーマなんだと感じました。
 このつづきは、日を改めて明日また書きます。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2014-03-13 02:08 | Comments(0)