<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

GCC一日ワークショップ『若年で人生のパートナーを亡くす』

f0101220_181421.jpg11月15日(日)、表題のタイトルで一日ワークショップを実施しました。今回私(鈴木剛子)が講師を務め、50代で夫と死別した自身の体験談も交え、早過ぎる死(アンタイムリーな死)と遺された配偶者・パートナーの経験するグリーフについて話しました。
 共に生活を担っていた相手を、しかも人生半場にして失うことは、想定外であり、心の準備などありえず、その後の人生の再構築がいかに厳しいか、長い道のりであるか、ということについて学術的にひも解きました。若年での死別はほぼトラウマを伴い、様々な心的身体的症状を来たし、その打撃と闘いつつ、次々と生活上の変化へ対応を迫られ、対処には多大なエネルギーと時間を必要とするのです。(心身ともに弱っている上に、やるべきことが満載なのです)
 しかし世間一般は、統計的に少数派であるアンタイムリーな死別体験者に対して、ほとんど理解がありません。今回の参加者の中には同様の喪失体験をした方も数名おられましたが、参加者の全員が、この特殊なグリーフについて周囲に訴え続けて下さることを願います。
 
f0101220_1824677.jpg本ワークショップでは、ゲストスピーカー(20代でパートナーを亡くした男性)をお招きし、実体験を語っていただきました。聴衆はゲストの話に聞き入り、涙し、分かち合って下さった勇気に感銘を受けました。
 折しも去る11月8日は夫の21年目の命日にあたり、僭越ではありましたが、その日を記念する「講義」とさせていただきました。皆さんが特別な命日として下さり、また私にとって大いなる癒しと慰めを与えて下さったことに、深く感謝します。

グリーフ・カウンセリング・センターのサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2015-11-18 18:04 | Comments(4)

力動的心理療法学会・熊本

f0101220_154337.jpg 秋たけなわ、学会のシーズンでもあります。私は6日〜8日にかけて熊本で開催された、『国際力動的心理療法学会』へ参加してきました。セラピスト、カウンセラー、精神科医、看護師など,総勢130名が集まり盛況でした。
 立て看板にあるように、今回のテーマは『無力感の克服』。グローバリゼーションの進展に伴い、組織を引き立てることばかりを重視、それを支えている個人が極端に弱くされた結果、社員は働く意欲をそがれ、世の中に無力感が蔓延している〜と大会理事長の小谷英文先生は訴えました。
 カウンセリングに来談するクライエントも、それを支えるカウンセラーも、共にこうした無力感との闘いをしているとも言えそうです。
f0101220_162891.jpg
 連日長時間にわたり、講義、演習、事例研究とハードスケジュール、やや頭が飽和状態になりました。そして迎えた熊本での最後の朝、やっと少しだけ散歩の時間を見出して、熊本城まで歩きました。タイムスリップしたようで、気持が落ち着きました。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2015-11-09 02:26 | Comments(0)