<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第7回国際自殺予防学会(IASP)つづき

f0101220_1151304.jpg
本国際学会の最終日は「第40回日本自殺予防学会」との併設となりました。日本の学会が初めて国際会議を開いた記念すべきイベントでもあったわけです。(写真左、歓迎パーティで挨拶する事務局長、張賢徳先生と、左は日本における自殺予防のパイオニア、斉藤友紀雄先生 青少年健康センター会長)

(写真下、オーストラリアの医師と交流〜パーティには舛添都知事も来賓として挨拶しました)f0101220_11522499.jpg

先に記述した「救急医療における自殺未遂者企図防止」プログラム(ACTION J)に関する河西先生(当時、横浜市立病院)たちの努力の成果があって、現在そのプログラムを導入している病院が全国で10件になり、つい最近参加病院には国の助成金も出るようになったとのこと。詳しくは次のサイトを:
https://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03144_03

自殺未遂(自殺を企てたが何らかの理由で失敗、あるいは誰かが早期に発見して救急搬送したなどのケース)の当事者はハイリスクと言われ、急性期の手当だけで帰宅させることには多いに不安が残ります。事後の医療的、心理社会的フォローは再企図防止に必須と考えられていました。この10年でそこへの介入が推進され、日本の自殺予防対策に大きな前進があったことを知って勇気づけられました。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2016-05-23 13:44 | Comments(6)

第7回国際自殺予防学会(IASP)

f0101220_017714.jpg5月18日〜21日にかけて東京で「国際自殺予防学会」(International Association of Suicide Prevention)が開催され、世界各国から150名の参加者を迎えたいへん盛況でした。自殺予防に携わる支援者たちの情熱を世界レベルで感じました(写真左、インドと韓国の研究者と)
f0101220_0181938.jpg 充実したプログラム、4日間午前8:30〜午後6:00まで、4箇所のホールで次々と講演,ワークショップ、シンポジュームがあり、『さて次はどちらへ行こうか?』とプログラムとにらめっこで迷うほど。(写真右、左から二人目大会長の河西千秋先生を囲んで。河西先生は救急医療における「自殺未遂者の再企図防止」プログラム推進の先駆者で、興味深い講演をされました〜詳細は後日報告します)
私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2016-05-23 00:52 | Comments(0)

GCC7期トレーニングコースより

f0101220_2383695.jpg4月16日にスタートしたGCC第7回トレーニング・コース、毎週土曜日6時間のワークショップを重ねて5回まで完了しました。毎週内容の濃い授業、受講生は気が抜けませんが熱心についてきて下さっています。今、外せないテーマ「災害サバイバーのグリーフ」、GCCの標榜する「構成主義セラピーの理論と実践」は筆者鈴木剛子が担当、その一回はロバート・ニーメヤー先生のセラピー実演DVDを鑑賞してその奥義を学びました。あまりにも感動的なニーメヤー先生のセラピーに涙する受講生もいました。


f0101220_2392392.jpgそして昨日はナラティブ・セラピーの演習を中心に生田かおる先生にご指導いただきました。生田先生とGCCのご縁は既に7年目を迎え、私たちにとってかけがえのない講師です!生田先生一日ありがとうございました。また来週も楽しみにしています!

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2016-05-16 00:08 | Comments(4)

熊本から仲間を迎えて

f0101220_21422132.jpg5月5日は新緑眩しい快晴に恵まれました。熊本からGCCの仲間、Oさんが上京しました。数名が集まって「励ます会」を持ちました。彼の住む市内のマンションは無事、しかし本棚が全部倒れてバラバラに。同じマンションの住人の大半が不安を感じて避難中とのこと。Oさんも近くの小学校へ避難を試みたが満員で自宅へ逆戻りしたそうです。『夕べは都心のホテルで久々に揺れを気にせず熟睡しました』と語るOさんです。
 
f0101220_21431573.jpg写真右、都内の画廊で個展を見学するOさん。(個展の主催者は若くしてパートナーを事故で亡くした男性、パートナーへの追悼イベントがありました)
Oさん、つかのまの東京、ほんの小休止でしたが、長引く地震のストレスが少しは軽減されたでしょうか? ああ、『熊本の皆さんに地震からの小休止を!」と願わずにはいられません。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2016-05-06 22:50 | Comments(7)

熊本のために祈る人々

f0101220_074296.jpg日がたつに連れ、熊本地震で思いがけず身近な人が被害を受けていることを知るに至りました。大学の同級生Nさん、自宅が大破。芯柱がひん曲がり、風呂場が壊れ、引き戸や窓が破損、「幸い屋根は残ったので住んでいる」という。大丈夫なのだろうかと心配になります。
今日は友人のピアニストKさんとお弟子さんたち10数人〜いずれもプロの音楽家〜の主催するコンサートへ行きましたが、演奏者の一人は熊本出身、ご実家が破損し、両親は避難所暮らしとのこと。それでもプロ意識に徹してコンサートに馳せ参じたそうです。後ろ髪を引かれる思いでしょう。(写真左、熊本市内の風景 2015年11月撮影)
f0101220_084223.jpg
ソリストたちは「被災地の方々のために心をこめて歌います」と、歌に祈りを託していました。「私には何も出来ないことが心苦しい」と前置きをして。この気持は今、皆に共通した思いなのですね。
 ゴールデン・ウィーク、熊本在住のGCCの卒業生Kさんが上京するので、何人かで彼を『励ます会』を開きます。Kさん、例えGWの数日間でも「揺れ」から解放されて緊張を解いてもらいたいです。右の写真は、熊本市中心街にある古い教会、2015年11月に訪ねましたが、大丈夫だろうか?
私のサイトもよろしく:http://gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2016-05-02 01:10 | Comments(2)