<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

GCC公開講座・神藤雅子氏講演

f0101220_1348562.jpgf0101220_12324312.jpg昨晩は2017年GCC第一回公開講座を開催しました。ハーピストでハープ・セラピーの第一人者、神藤雅子先生をお招きし、『ハープ・セラピー:ハープとともに患者さんに寄り添う』にてご講義及び模擬演奏でのご指導を仰ぎました。
GCCでは、終末期のスピリチュアルケア(ホスピス理念と実践)について学習しますが、今回は、ハープという人の魂と心に響く楽器のアドリブ・演奏によって、患者さんに癒しをもたらす療法音楽が、最高のスピリチュアルケアであることを、学びました。
次回、参加者のコメントをこのブログにアップする予定です。

by yoshikos11 | 2017-02-22 15:08 | Comments(2)

梅谷養ニ氏(GCCグリーフ・カウンセラー)追悼

f0101220_145141.jpg去る2月8日GCCの認定グリーフカウンセラーの梅谷養ニさんが逝去されました。梅谷さんは88歳でGCCの資格を取得。冬の寒さにも夏の暑さにも負けず、千葉県から毎週、大手町のGCCまで通学し、基礎・上級・トレーニング・コースを完了。牧師さんとして既に多くの臨床経験を積まれた上での学問探究でした。
 私は主催者として又講師として常に頭の下がる思いでした。生涯学習を最後まで貫いた梅谷さんに最大限の賞賛と尊敬の念を表したいです。
 同期生からも愛され慕われていました。皆、大先輩の学問に対するあのエネルギーはどこから来るのか、あの謙虚さとユーモアのセンスは抜群、と感嘆し、色んな意味で勇気と励ましをもらいました。
 ユーモアと明るさがトレードマークの梅谷さんでしたが、上級講座履修中に最愛の奥様を亡くされ、深いグリーフを抱えました。その喪失体験を、GCCの会報、
Compassion 6号に投稿して下さいました。人生の酸いも甘いも経験したものならではの、味わい深いグリーフ・ストーリー、心を打たれます。
(GCCのサイトを参照下さい:http://gcctokyo.com/wp/wp-content/uploads/Compassion_06.pdf
 その後、梅谷さんは最愛のお嬢さんをガンで亡くされました。人生の晩年で相次ぐ重大喪失、過酷な運命はさぞ辛かっただろうと察して、この時はさすがに慰めの言葉さえ見つかりませんでした。
 しかし彼はどんな時にも運命や神を恨むことなく、最後まで信仰に生きた人でした。ご家族のお話から、死の直前に「私は94歳の人生を常に守られて全うできた。素晴らしい。ありがとう。」と語ったとのことです。
 また、最後までジョークを忘れなかった。『私は生まれたときも泣かなかったから、死ぬときも泣かない』と。(産声を上げない赤ちゃんだったそうですが)家族との別れの言葉は、遺すものを悲しませないための思いやりが込められていたのです。
 最後の最後に微かな声で「ハレルヤ!」と神を讃えて逝かれた梅谷さん、私もあやかりたいです!『また会う日まで、天国でもぜひ学びを続けていて下さい!』彼の死を悼み追悼の言葉とさせていただきます。
by yoshikos11 | 2017-02-17 02:26 | Comments(8)