<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3.11震災サバイバー:多重喪失にもめげず

f0101220_2211474.jpg再び3月11日が廻ってきました。震災後2年間、通算10回、GCCの仲間と共に岩手県陸前高田市へカウンセリング支援で訪問した日々を思い出します。その頃出会った災害サバイバ−の方々がその後どうしておいでなのか、時折思い出しては気にしていましたが、特に6年の記念日を迎えて夫々が苦難を乗り越え前向きに歩んでいて下さるように祈る気持です。
f0101220_2219036.jpgいつも震災記念日が近づく度に連絡を取って来た菅野さん(写真上は彼女とのツーショット)は、私たちが陸前高田を訪問するたびに世話役を努めて下さり、カウンセリングを必要とする方々と私たちカウンセラーとを引き合わせて下さいました。
 また菅野さん自身もサバイバーの一人で、ご主人を津波で亡くし、長年住み慣れた自宅は全壊し、更に震災直後ケアマネージャーとして奔走中、自動車事故に合い右腕損傷しました。
 深いグリーフを抱え障害まで負いながらケアマネさんの仕事を頑張って来た彼女、昨年思う所があって退職。今日久々に電話で話したところ、昨年より地元陸前高田市の災害公営住宅内にオープンした「市民交流プラザ」でファシリテータ兼相談員役に着任したとのことでした。
 震災で街が崩壊し、住人たちは住む場所を求めて方々に離散し、コミュニティが消滅しました。そんな中でやっと公営住宅が立ち入居できた人たちは、以前のようなご近所付き合いは持てず、寂しい思いをしていたそうです。そこで考案された「市民交流プラザ」は「一人ぽっちにさせない」ための新たなコミュニティ作りと言えましょう。
 菅野さん曰く『プラザではお茶を飲みながら気軽に何でも話せるため、昔話から災害体験や身内を亡くした辛い気持、生活上の悩みなど、互いに分かちあっています』と。ご主人を亡くした彼女が以前、『自分もつらいけど、これだけ大勢の人が亡くなったのだから、自身の経験を生かして他の人を支えたい』と言っていたことが、今着実に実現されていることを知りました。
 多重喪失を負った菅野さんが多くの苦難をくぐり抜けて、こうして有意義な活動に着手したことに、私は強く心を打たれました。まだまだ復興の道は険しくても、確かに再起し前向きに生きているサバイバーがいる、そう思えることで6年目のこの日に希望の光が指したようです。
 明日NHKの心フォトで菅野さんのメッセージも紹介されるようです。
私のサイトもよろしく:http://www/gcctokyo.com

 
 
by yoshikos11 | 2017-03-11 00:27 | Comments(9)

神藤雅子氏講演(参加者の感想 つづき)

たくさんの感想が寄せられ一回では書ききれなかったので以下、つづきです:
1. ハープの音色はなぜこんなに心に響くのだろうか?
 私(筆者)はイベントの主催者だったため、当然のことながらあれこれ運営面に気を使っていたせいで、正直リラックスしてハープの音色に身を任せるという状態ではなかったですが、いつしか引き込まれて行きました。そしてなんと母の胎内にいるような感覚になったのです。そんな記憶があるわけないのに!それがとても心地よく、もっとそうしていたいような、又今は亡き母にもっと甘えたかったと〜子どもの頃から甘えることが下手な私でしたが〜胎内では思いっきり甘えていたのかもしれないとふっと思いました。
 そんな不思議な感覚を覚えたのですが、参加者のある方が私と同じような経験をしたことが彼女の感想文から分かって、思わず「これだ!」と納得。以下に紹介します:
 『神藤先生が奏でられたハープの調べはきっと人間の胎内で聴く最初の音〜それはくぐもって遥か遠くから(届く)のかも、血管や胎内で直接聞こえてくるものなのかもしれません』
 他にも『ハープの音は極めて原始的』『プリミティブな音』『直接身体に響く』などとコメントした方々がいました。

2. Not doing but being (貴方のために何もして上げられませんが、貴方にひたすら寄り添っています)というホスピスの原点に触れて:
『being(という英語)には「あるがままの存在」という意味があります。魂といってもいいかもしれません。ただいること、そしてあるがままのその人に寄り添うこと、どちらもカウンセラーにとって大切なこと、忘れないでいようと思いました』
 この社会はdoing-oriented (行動重視)であり、目に見える実績、効率、肩書きなどを重視する傾向です。病者や死別体験者のように行動能力が弱められた人々にとって効率的に「何かをする〜doing」ことは望むべくもありません。末期患者さんは地位や社会的な役割などを失い失意にあるでしょう。
 だからといって彼らの存在(being)が疎まれることがあって良いのだろうか〜being-oriented(人間存在の本質重視)、目に見えないもの(スピリチュアルなもの)を重視すべきではないか、ということを多いに考えさせられました。
by yoshikos11 | 2017-03-04 00:56 | Comments(0)

GCC公開講座・神藤雅子氏講演(参加者の感想)

参加者の皆さんから多数の感想文をいただきました。その一部をご紹介します。
1)神藤先生の模擬演奏を聴いて:
『広く深くあたたかい感覚が解放感をもたらし〜今の自分のありのままが認められ、許されるような感じを味わいました』『ハープの音色は穏やかで、愛そのものであると感じました』『ハープの音色が魂に働きかけるようです』
『ハープの音色が次元を越えるような感覚で、特に生と死の間の世界にいる方々(患者さん)に強く共鳴するものがあるだろうと感じました』
*ハープ・セラピーは一人の患者さんを対象にその人の状態に合わせて演奏するもの、神藤先生は『複数の聴衆へ合わせることは出来ないのでいつもと勝手が違い、どのように弾くか迷います』とお断りがありました。確かにセラピーではなかったけれど、不思議と皆が純粋に癒されたようでした。
2)参加者のひとりは、ご親戚が緩和ケア病棟で闘病中、神藤先生のハープ・セラピーを受けられ幸せだっとというエピソードを紹介して下さいました。『今日先生の生演奏を聴けたことは、亡き叔母からの贈り物」と不思議なご縁に感銘を受けたようでした。
3)講義に関するコメント
『(ハーピストの心得として)自分自身を飾ることなく、社会的な鎧も脱ぎ、素の自分を丸ごと捧げる、裸のつきあいで、患者さんの核心に合わせよおとする姿勢が大切』ということを学びました。『(セラピストとして)患者さんに「おもてなし」をするのだということにピント来ました。看取る側は、最高のおもてなしをしてあげることで、(遺されて生きる)その後の人生を満ち足りた気持で再構築できるのだろうと思いました』
4)愛する人を看取った経験に思いを馳せて
『もし神藤先生が妹のベッドサイドに来て下さったら、どんな曲を奏でて下さっただろうか』『先ず心に浮かんだのは、亡くなった夫に体験させてあげたかったという強い思いでした。音楽を愛する人だったので〜』
5)神藤先生が看取った患者さんに思いを馳せて
ある参加者は、神藤先生がハープの演奏で見送った患者さんたちに思いを馳せて、その方々はどんなお気持ちだったろうかと想像し、知らない方々だけど『それぞれの患者さんに感謝したい』とありました。私(筆者)も同様の気持になりました。
そして又ある方は「神藤先生のハープに見送られて最後を迎えたい」とありました。大賛成ですが人は死に方を選べないので、神のみぞ知るですね。
by yoshikos11 | 2017-03-02 02:10 | Comments(0)