<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

英国グリーフ・トラウマ・ケア 支援団体 CRUSE のこと

f0101220_00410695.jpg 前回、英国のCRUSE (グリーフ・トラウマ・ケア支援団体)について触れましたが、その歴史は古く1959年にロンドンで創立しました。以前、会員の方から聞いた話では、ご主人を亡くした婦人が私財を投じてサポート・グループを始めたことに端を発しているとのこと。
 現在、イングランド、ウェールズ、アイルランドを統合している全国ネットワークで、個別カウンセリング、電話およびメール相談、支援者の養成講座を実施していて、その資金は全てチャリティでまかなわれています。
 ちなみに年間£5,000,000 (約7億円)の資金が必要だそうです。恐らく政府からの助成金もあると推測しますが(チャリティ団体として認知されているので)大半は一般人の寄付やファンドレイジングに頼っているようです。サイトでファンドレイジングへの参加を呼びかけています。
 CRUSEに限らず、Helen &Douglas House (子どもホスピス・創始者シスター・フランシス・ドミニカ)などもファンドレイジングを勢力的に行なっていますが、チャリティが国民全体に理解され支持されている英国ならではの、英国だから可能な事業なんだと痛感します。

 さて私がCRUSE と初めて出あったのは2005年7月、ロンドンで開催された第7回CRUSE 国際大会への参加でした。折しもロンドンでテロ爆破事件が勃発し、地下鉄・デッカーバスが襲撃された1週間後のことでした。地下鉄車内で3箇所、デッカーバス1箇所の連鎖的な爆発、死者50名、負傷者100数名を出しました。
 世界各国から死生学・グリーフ学の関係者が渡航の準備万端整えていた時点での事件発生でした。私もそうでしたが、おおかたの関係者は「恐らくCRUSE は大会を中止するだろう」と予想していました。
 ところがさすがグリーフ・トラウマ・ケアの勇者たちですね。CRUSEはテロには屈しませんでした。組織委員会は『こんな時だからこそ私たちは一致団結してロンドンに集まろう!』と開催を宣言したのでした。
 ロンドン市内では未だ、一部、地下鉄駅は閉鎖中、路線も運休中で、通勤には自転車や徒歩でという人々も多数いました。さすがに公共の交通機関は恐ろしくて利用できず、私はタクシーを使って、かなり緊張して学会の会場に3日間通いました。そんなある日、一日の緊張を和らげたくて帰路、トラファルガー広場の当たりを散歩していたときのこと、広場に大勢の市民が集まって爆破事件の犠牲者のために追悼会を行なっていました。

 遠い日本からこのタイミングでロンドンにやってきたこと、そして偶然に追悼会へ出くわしたことなど、偶然にしては不思議な気持になりました。犠牲者とその家族のことに思いを馳せて、そこに集まっている人たちと共に、祈りを捧げました。CRUSEといえばこの出来事を思わずにはいられません。
 

 
 

by yoshikos11 | 2017-05-31 00:54 | Comments(3)

マンチェスター爆破事件(つづき)

f0101220_01573049.jpgf0101220_01103158.jpg
マンチェスター爆破事件の投稿に対してたくさんのコメントをいただきありがとうございました。私のことを心配して下さった方々、恐縮です。

前述のとおり、英国のトラウマ・グリーフケアは世界的にも最先端をいっています。特に有名な団体はCRUSE UK といって全国ネットワークです。
下記URL を紹介します。http://www.cruse.org.uk/?gclid=CObBt-a3kNQCFYiTvQodgWINrg
事件の直後にはトップ頁で『この事件で犠牲になった方々へお悔やみ申し上げます』とあり、このニュースが更新されている。ホットラインへのコンタクトも紹介されて、、
(左の写真は、CRUSE 創設の功労者・グリーフ学の著名な研究者でもある精神科医のC.M. パークス先生・奥様と一緒)

パークス先生は、世界各地で勃発したトラウマ的な事件、テロ、政変、災害、飛行機事故などに立会ってきたトラウマ・ケアの第一人者です。
特に米国9.11事件の直後、CRUSE のチームと一緒にNYへ飛び、英国人犠牲者の遺族に同行、現地であらゆるサポートをした武勇伝があります。
日本へも3.11大震災のあとに来日し、岩手県の被災地を訪問しています。

CRUSE については別途また改めて書くことに。パークス先生が1960年代からグリーフ・トラウマ・ケアの啓蒙と実践を行なってきた英国、日本より50年は先を歩んでいるとは、そういう意味でもあります。





by yoshikos11 | 2017-05-28 01:53 | Comments(2)

英国・マンチェスター・アリーナ爆発事件


f0101220_11193538.jpg
5月22日夜10時半(現地時間)、英国マンチェスターの中心街にあるコンサート・ホール(マンチェスター・アリーナ)で爆発テロ事件が発生しました。
 子どもやティーンエイジャーに絶大な人気のある米国歌手、アリアナ・グランデのコンサートでした。会場は満席、2万人が集まっていました。
f0101220_11191032.jpg
コンサート終了直後、出口の一箇所で猛烈な爆発があり、死者23名、負傷者60名の犠牲が出ました。

(写真上・マンチェスターはサッカー・ファンのメッカ/写真下・マンチェスタ―・グラマー・スクールは有名な受験校)

 このニュースを23日の朝8時のテレビ報道で知った私は、マンチェスターと聞いて心穏やかではいられませんでした。娘一家が住んでいるのです。昨年11月にもこの地を訪れています。夕方になってようやく彼らはコンサートに行っていなかったと知り安堵しました。
 しかし悲劇的な事件の犠牲になり命を落とした子ども達や若者、そしてその家族のことに思いを馳せると、胸が塞がりいたたまれない気持になりました。娘が送って来たYUTUBEを見て、恐怖におののく若い聴衆が悲鳴を上げ、パニックし、逃げ惑うシーンに衝撃を禁じえませんでした。
 
 また命こそ助かった子どもや若者も、生涯の良い思い出になるはずのコンサートが、一瞬にしてホラー体験となってしまい、心に大きな傷を負っただろうと、その後が心配でなりません。

一夜明けて、メイ首相は「なんの罪もない子どもを標的にしたテロリストの行為は卑劣極まりない、決して許すことはできない。我々政治家は何回テロの攻撃を受けても、決してテロと闘う意欲を損なわれることはない。」と断固とした態度を表明しています。

 そしてさすがグリーフ・ケアの発祥の地英国です。いち早く、愛するものを奪われたテロ・サバイバーとトラウマ体験をした人たちの為に、ビリーブメント(死別喪失)ケアを複数の団体がサイトで手を差し伸べています。
ちなみに、その一つ:Once upon a smile という団体:http://www.onceuponasmile.org.uk/manchester-stand-together/


by yoshikos11 | 2017-05-25 02:43 | Comments(9)