<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

映画『ローマ法王になる日まで』

 
f0101220_12355853.jpeg
先日紹介した『光をくれた人』に引き続き、今日は現役のローマ教皇・法王(フランシスコ教皇)の経歴を取り扱った表題の映画について書きます。監督はイタリアのダニエーレ・ルケッティという人〜過去にはカンヌ国際映画祭などで賞を取っています。
 さて教皇のストーリーというと、ホーリーな内容で信者向けの映画かと思われる方も多いのではと想像しますが、ルケッティ監督自身もクリスチャンではなく、彼の言葉を借りると『カトリック以外の信仰を持たない人たちにも、充分語り得る物語だ』とのこと。

 アルゼンチン出身のフランシスコ教皇は大学を出てしばらくは科学者志望でしたが、一心発起してカトリックの司祭になりました。時代は軍事政権下、国民は思想や行動を徹底的に統制され「恐怖政治」が支配していました。
 一方で貧困の問題が深刻で国民の多くは生活苦にあえいでいました。そんな状況下で社会活動家も台頭し若き司祭フランシスコ(本名・ベルゴリオ)は、一時身体を張って彼らを神学校に匿ったり、異国へ逃したりと、まるでサスペンス映画を見るような展開です。
 また志の高い仲間の司祭たちの中には、恵まれない人々を救おうとシェルターを運営したり、社会改革の実現を試みたりしましたが、反政府運動家と見なされ彼らはことごとく、軍部に抹消されました。ベルゴリオの喪失感と苦悩は募る一方でした。そんなとき教会の上層部は地位を守るためか軍部の意のままなすがまま、頼りになりません。

 そうした過酷な社会下でベルゴリオは常に弱者と苦しむ人たの仲間であり続け、彼らを守るために時には身を呈して権力者との闘いに挑みます。
ルケッティ監督はアルゼンチンで調査をした際、かつてのベルゴリオを知る地元の人々は『彼は常に心配を抱えていた』『彼の笑顔を見たことがない』『教皇になってから初めて彼の笑顔を見た』と語ったと言います。まさに「苦労人」「他者の苦しみを分かる人」といえましょう。
 そのような人材がなぜ今、満場一致でカトリック教会のトップの座(法王)に選出されたのか、答えは映画を見た人たちがそれぞれに考えることではないか、ルケッティ氏は我々に立ち止まって考えるように一石を投じたように思いました。

 
 
 

by yoshikos11 | 2017-06-26 12:38 | Comments(0)

GCC8期トレーニングコース・第3期技法講座 ニュース

  GCC講座のニュースが遅れましたが、5月20日(土曜)には川島大輔先生(中京大学心理学部准教授)をお招きして『死生心理学』について講義とワークのご指導をいただきました。グリーフ・カウンセラーになるために「生と死」のテーマを系統的に学習することは大切で、川島先生はその意味で最適任の教育者です。第8期トレーニング・コースの受講生たちは有意義なブレーンストーミングを経験しました。   
  また6月18日(日曜)には第3期技法講座がスタート。トップバッターには得丸定子先生(上越教育大学名誉教授)がご登壇。『マインドフルネス:ストレス低減法』について理論と実践のご指導をして下さいました。現代人にとってストレス低減は耳寄りのお話、得丸先生によると一つでも多くストレス対抗としての秘密兵器を持っていることが得策と言われ、マインドフルネスが最も効果的だということをひも解いて下さいました。 (写真右下:得丸定子先生と筆者 写真下左:ご講演中の川島大輔先生。)                                                          
f0101220_20020281.jpgf0101220_20012472.jpg

by yoshikos11 | 2017-06-21 20:27 | Comments(1)

映画・光をくれた人

f0101220_00190004.jpg現在都内で上映中の映画『光をくれた人』(M.L.ステッドマンの小説 "The Light between Oceans"の映画化 ) を鑑賞して来ました。この作品、ペーパーバックを昨年購入、表紙の灯台の写真に惹かれました。灯台は、GCCのシンボルマークでもあります。この映画、ストーリーはさておき、映像の美しさは息をのみます。タスマニアの海の景色はゴージャスそのもの。朝日と夕日に映える海はターナーの絵のよう。夜は満天の星空を映し出しゴッホの絵を思い出します。そして台風が灯台を襲った日、特殊撮影による強風と豪雨が窓を叩き付けるシーンはホラー映画のよう〜あまりのショックで灯台守の妻は流産してしまいます。

ストーリーはグリーフの視点からも注目の作品です。灯台守として孤島に赴任した新婚カップルの話ですが、妻は待望の赤ちゃんを授かったものの、一人目は台風の日に流産、二人目は死産で亡くすのです。(周産期にまつわるグリーフは大切なテーマ)カップルにとって赤ちゃんの喪失が夫婦関係にも多大な影響が、、
喪失後のストーリーの展開はサスペンス的でもあり飽きさせません。お薦めの一作です。


                                                                   


by yoshikos11 | 2017-06-11 01:12 | Comments(0)