<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏の終わりに(つづき)

ウェールズ訪問:ボーマリスの海辺    

f0101220_02421084.jpg母の命日に彼女が熱心な野球ファンということを書いたところ、様々なコメントをいただきました。しかし野球ファンというのは母のほんの一面なのであと少しだけ追記して、命日のしめくくりにします。                       大正生まれの母、女性の生き方としては、結婚して専業主婦になるという選択しかなかった時代。しかし、本当は『コンサート・ピアニストになりたかった』のだと聞いています。20歳で結婚するまで熱心にピアノの練習に励んでいましたが、見合い結婚した相手(私の父)が音楽に関心がないので次第に弾かなくなったとか、、そして第二次世界大戦が勃発。もはやピアノどころではなくなりました。母の父親が赴任先のドイツから送らせたシュタンウェイのピアノを、二足三文で売却して租界したのでした。(なんともったいない!)世が世なら母はピアニストとして活躍したかもしれません?

母が50年遅く生まれて来ていたら?生き方の可能性はぐーんと拡がったことでしょうに、と思うところが多々あります。父親(私の祖父)が造船技師であったせいか、母はメカにめっぽう強く、自宅の家電や配線系統、ミシンなどが故障しても、器用に自分で修理していました。(私は父に似て、不器用、ムリ)母がエンジニア?コンピューター技師に?私にはその才能皆無ですが、母だったら、充分成功したのでは?
そう考えると、人は生まれた時代によって、社会によって作られるのだと思います。
 あまり母のことを褒めるのも気が引けますが、最後に、彼女はオシャレのセンス抜群でした。後期印象派のエドワルド・ヴイヤールの描く女性像の雰囲気がある、といっては少し褒め過ぎですが。戦争直後、物のない時代にどこから見つけてきたのか、私に赤いサンダルシューズを買って来てはかせ,『良く似合うわ』とうれしそうにしていました。あんな素敵なサンダルシューズ、今でも中々見かけないです。

GCCのサイトもよろしく→http://www.gcctokyo.com

by yoshikos11 | 2017-08-28 03:47 | Comments(2)

夏の終わりに

f0101220_21311963.jpg
長かった夏も終わろうとしています。7月&8月GCCの講座の報告も山積
又旅の思い出も色々ありますが、ブログを印す暇もないほど忙しく過ごした
夏でした。諸々の報告は徐々にすることにします。

今日は母の7回目の命日なので、母の思い出を一つ書くことに。
母は野球の観戦が大好きで、94歳で亡くなるまで生涯の巨人ファン。
晩年施設に入居してからもっぱら男性入居者と野球談義で盛り上がっていた様子でした。「おばあさんたちとは話題が合わなくて」と良く言ってました。

高校野球にも熱中していました。母が倒れて緊急入院した日は、甲子園で決勝戦が行なわれた翌日。沖縄の興南高校が優勝。取るものも取りあえず病院へ駆けつけた私は、母のためにスポーツ新聞を買って持参することは忘れませんでした。病室でその話題に付き合って2日後に母は息を引き取りました。

母が乗り移ったのか、以来、私まで高校野球に目が離せなくなっています。折しも今日は決勝戦が行なわれ埼玉代表の花咲徳栄高校が圧勝し大騒ぎでした。

勝利し感涙にむせぶ若者と、敗北して悔し涙にくれる若者、明暗が別れますが、全てをかけて全身全霊で闘ったものたちの清々しさは常に感動を呼びます。
ああ、母はこうした感動の瞬間を味わっていたのだろうかと思いながら、
命日のこの日を迎えるのが常になりました。

母の思い出は一冊の本にしたいのですがまだ着手できずにいます。スポーツファンというのは彼女のほんの一面に過ぎず、それだけでは天国の母から苦情が届きそうですね!

by yoshikos11 | 2017-08-23 22:47 | Comments(8)