人気ブログランキング |

愛犬ボンゾー追悼(ペットロス)

愛犬ボンゾー追悼(ペットロス)_f0101220_12024250.jpeg 愛犬ボンゾー追悼(ペットロス)_f0101220_12012181.jpeg
 以前ブログで紹介した娘の愛犬ボンゾーは、去る5月11日、英国で死去しました。犬年齢14歳、7月2日で15歳になる予定でした。
しかし、人間の年齢では98歳。晩年は耳は聞こえず、目も見えず、それでも果敢に野原を走り回って、健気に生きてくれました。
 なぜ娘の飼い犬の死で私が特別なグリーフを感じるのでしょうか?
ボンゾーは日本生まれ。2005年に生後3ヶ月で娘の家にやって来て、2013年に彼らが英国へ移住するまで、私は、娘に頼まれて、しばしばボンゾー・シッターを引き受けていました。
 イタズラ盛りで手こずらされたことなど、今は懐かしい思い出が次々と浮かんできます。またその思い出は家族の歴史ともダブって懐かしさがひとしをでもあります。
 またコッカ・スパニエルという犬種は、格別「ヒトナツコイ」性格で「人恋しがり」です。散歩させているときも、何度も顔を上げて、私の目をじっと見つめて、大丈夫か確認して前進するのです。
 ボンゾーの最後は獣医さんの勧めで安楽死でした。足に出来た腫瘍が増幅して命取りになったそうです。最後の3時間は帰宅して、娘たち一家は、永遠のお別れをしました。その際、テレビ電話で私も看取りの時間を共に過ごさせてもらいました。
ボンゾーに最後の別れを大声で伝えた時、ふっと目を開けて、舌をペロペロと出してくれました。苦しいのに、最後の最後まで、コッカスパニエルの面目躍如、ご愛嬌を振りまこうとしてくれました。ボンゾー、楽しい時間を15年間、本当にありがとう!!
(写真左:2019年元旦、英国訪問時に。写真右:2015年夏、野原で走り回っていました。ドッグ・フレンドリーな英国で長生きできました)
私のサイトもよろしく:http://ww.gcctokyo.com
              


# by yoshikos11 | 2020-05-13 13:10 | Comments(5)

春を愛でる

春を愛でる_f0101220_10460843.jpg新型コロナウィルス感染拡大の情勢下で、東京都が「外出自粛要請」を(3/27 )そして国が「緊急事態宣言」を(4/8)発出し、私どもGCCでは、
カウンセリングおよび各種講座を休止することにいたしました。特に新講座『グリーフ支援のためのマンドフルネス』講座(5回シリーズ)を、3回まで実施して(3/21)中断せざるを得なくなったことは、期待が大きかっただけに心残りはありますが、世界的なパンデミックとの過酷・火急な戦いにあって有無を言えない(言わせない)決定でした。
人様々に喪失を体験しているだろうと想像されます。一つの講座どころか、新学期のスタートさえ予定が立たない大学関係者と学生たち、就活の頓挫、旅行や祝い事の断念、ETC と枚挙にいとまがないでしょう。また喪失なんかと向き合っている暇がない〜医療や介護の従事者の方々はウィルスとの戦い真っ只中かもしれません。感謝とエールを送りたいです。
皆さんに当てて発信する適切なメッセージなどは今、到底思いつきません。ただひたする人の命が守られることを祈り、1日も早く安心安全な生活が戻ることを祈念します。
せめてもの慰めに、写真を1点お届けします。外は今まさに春爛漫、淡いグリーンの新芽と遅咲きの桜のピンクが、何とも言えない色合いを醸しています。自然は微動だにせず春のメッセージを送ってくれています。

# by yoshikos11 | 2020-04-13 11:30 | Comments(1)

GCC新講座おすすめ

新春のお知らせ:GCC 新講座スタート『グリーフ支援のためのマインドフルネス』(基礎編)

今後のグリーフケア分野へ画期的なご提案をしますので、奮ってご参加ください!
これまでGCCはグリーフ・カウンセラーの養成に努めてきましたが、今年から広くカウンセラーや臨床心理士、また医療従事者の方々へ向けて、自身のセルフケアとひいてはより効果的なサポートが提供できるように、マインドフルネスの習得を提案したいと思っています。詳しくはGCCのサイトをご覧ください。(写真は案内のチラシです)
http://www.gcctokyo.com
GCC新講座おすすめ_f0101220_11213283.jpeg

GCC新講座おすすめ_f0101220_11215252.jpeg

# by yoshikos11 | 2020-01-11 11:36 | グリーフ | Comments(2)

2020 ブログ書き初め

2020 ブログ書き初め_f0101220_23193381.jpg2020 ブログ書き初め_f0101220_23164551.jpg
       あけましておめでとうございます。今年もYoshikos11 ブログをよろしくお願致します。

今年はできるだけ頻繁に更新できるように、さぼらないように、励みたいと思っています。またテーマを「グリーフ」に限らず、カテゴリーを「社会」「旅」「四季折々」「文化」などにも、広げるつもりです。ぜひ忌憚のないコメントをお寄せください。

年末年始、リフレッシュできました。12月21日から3泊4日で韓国ソウルに行ってきました。20数年まえに仕事で訪問して以来で、ソウルについては何も知らないに等しい私。近代化が進み、高層ビルが林立し、すっかりオシャレになった街は、かつてとは比べようもなく、新鮮な経験でした。青瓦台、ソンギュンガン大学、王宮などがある漢北を中心に観光。どこも清潔で気持ちが良い。
 
日本では、韓国の反日運動が激化と報道されていましたが、どこへ行っても地元の人たちはフレンドリーで、そんな気配は全く感じられず、安心して見物、散策、食事とツーリズムを満喫しました。国と国が対立しても一般市民同士は友好的であり続けるのだと思いました。(そうあり続けることを祈ります!)

暮れからお正月にかけては、米国在住の三女一家が子ずれで里帰りし、我が家に滞在しました。日頃ひとり暮らしの静かな家の中が一挙ににぎやかになり、私には非現実的で、これまた新鮮な刺激。彼らと一緒に伊豆へドライブ旅行しました。
道中富士山が快晴の空にくっきりと姿を見せてくれました(写真左)海外から一時帰国の家族は大はしゃぎ!
 
元旦は伊豆熱川の海辺のホテルで迎え、初日の出を仰ぎました。(写真右)2020年、年初め、平和でのどかなひと時を過ごしました。
  
昨日娘一家離日し、また静かな日常が戻りました。にぎやかだった数日が幻だったのか?と思うほどの静けさで、徐々に現実に戻りつつある不思議な感覚です。
  
ブログを読んでくださった皆さんの上に、2020年が健やかで実り豊かでありますように、心より祈念します!
  

  

  

      





# by yoshikos11 | 2020-01-06 01:13 | | Comments(2)

父の命日

父の命日_f0101220_22044263.jpg先のブログで11月は記念日満載と書きましたが、今日(27日)は父の命日です。亡くなって35年の歳月が過ぎました。一日、父のことを色々思い出して過ごしていました。

長い年月が経っているのに、父の最期の日のことは今でも鮮明に覚えています。ガンの再発で3ヶ月入院して亡くなりました。入院中、病室に花を持っていくのが私の役目でした。 27日の朝、前夜から病状急変で意識も無くなった父の側で、母と共に祈り、見守っていました。もはや時間の問題と言われていました。

ふとベッドサイドの花がしおれているのに気づいた私は、今にも父の命が尽きるというのに(あるいはだからこそ?)どうしても『新しい花と入れ替えなければ』と思ったのです。病室を出て近くの花屋へ行き、真っ赤なバラを何本か買って父の元へ戻りました。その間20分くらいだったでしょうか?

母と、海外から駆けつけた弟が、ベッドサイドでうなだれていたのを見て、「ああ、ダメだったのだ」と知りました。私が席を外して間も無く父は息を引き取ったようでした。通常なら『あなた、こんな時にどこへ行っていたの!』と叱責するはずの母も、悲嘆の深淵にいたようで、一言も言いませんでした。

その時の私は、父の死に目に会えなかったと後悔するゆとりさえなかったのでしょう。ひたすら『死とはなんと決定的なんだろう』と心でつぶやき、また『だからこそ、今この場と時間はとてつもなく「厳か」で「神聖なんだ」』と全身で感じていたのを、を思い出します。

赤いバラを心を込めて父の枕元に生けました。しかし慰める対象を失ったバラはなんだか悲しそうに見えました。

不思議と涙はあまり出ませんでした。父の闘病中、見舞いに行った3ヶ月間、一人になると泣いていたので、涙も枯れ果ててしまったのかもしれません。
私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com

# by yoshikos11 | 2019-11-27 23:43 | Comments(1)

行事の秋

行事の秋_f0101220_11532205.jpg
行事の秋_f0101220_11533317.jpg
行事の秋、特に11月、我が家では記念日が連続します。命日(夫と父)そして誕生日(娘、孫、私)と続き、哀悼と祝いごとで気持ちの切り替えに忙しく過ごします。11月8日は夫の25年目の命日でした。死別直後は「彼なしで到底生きていかれない」と思っていた私が、25年も生きながらえて、なんだか申し訳ない気持ちと、皆さんに支えていただいて生きてこれたことに感謝の念でいっぱいでした。その日は教会のミサで、司祭と参加者の方々に祈っていただきました。

教会では11月が「死者のための月」と定められ、私が所属する四谷のイグナチオ教会では、先週「自死で亡くなった人々の追悼ミサ」が執り行われました。広い会堂には、自死のサバイバーの方々、支援者、信徒など、数百人は集っていたようです。かつてカトリック教会は自殺者に対して厳しい姿勢を示し、教会葬さえ拒んでいました。それが1992年以降、見直され、「教会は、全ての人の死を傷み、祈る」というように変わりました。今回の追悼ミサの実施などは本当に画期的なことです。かつては自死のサバイバーが肩身の狭い思いをしていたことが容易に想像されます。

ミサ中、私はこれまでグリーフ・カウンセラーとして、また個人的に出会った自死のサバイバーの方々のことが次々と脳裏に浮かび、亡くなった方々の魂の安寧と、遺さらた方々の心の癒しと平安を陰ながら祈りました。数えきれないほどの方々と関わらせていただいたことを思い起こし感無量でした。時折、連絡を取り合っているご遺族もいますが、大半の方とはその後お会いできずにいて、せめてこの日は夫々に思いを馳せ、どうか心穏やかに日々過ごしていてくださるように願いました。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com

# by yoshikos11 | 2019-11-22 12:47 | Comments(0)

GCC第1回集中基礎講座

GCC第1回集中基礎講座_f0101220_19525832.jpg 6月に入り、紫陽花の季節を迎えましたが、私の目に留まったのは、ビワの大樹です。(写真・東大駒場キャンパス)4〜5メートルの高さに鈴なりに成った果実、もぎ取って味見することはできませんが!甘いのか酸っぱいのか気にはなりますね。

 報告がたまりました!
 GCCでは、第1回『基礎集中講座』を、4/6~5/26 の期間、ウィークエンド5回を利用して開催しました。これまで基礎講座は、週一回4ヶ月かけて実施していましたが、お仕事で参加できない方々の要望に応えて、初めて週末開催の試みです!
 短期間で、喪失・グリーフ学の主要理論とテーマをみっちり学習します。『集中講座』は文字通り、受講生にとっては集中力の勝負ですが、講義と講義の間に「演習」の時間をたっぷり設けているので、長時間の講座(一日5〜6時間)を乗り越えららたようでした。
クラスは少数制なので、互いに親しみやすく、打ち解けた良い雰囲気が生まれ、5回終了時には皆さん、お名残おしそうでした。
 第2回を9月中旬に開催の予定です。
新たな試み、なかなか好評でしたので、短気に知識を得たい方、ご自身の喪失と向き合いたい方、即仕事に生かしたい方、我こそは、ぜひご参加ください。
 (http://www.gcctokyo.com をご参照ください)

 

 

# by yoshikos11 | 2019-06-02 20:31 | Comments(1)

また3月11日が巡ってきました

また3月11日が巡ってきました_f0101220_11304189.jpg
また3月11日が巡ってきました_f0101220_11312246.jpg
3.11 大震災から8年が経ちました。
東京にいて何もできない不甲斐ない私です。
震災直後、被災地・陸前高田へ出向いて出会いのあった方々、大切な人を亡くした方々のことに、
ひたすら思いを馳せて、少しでも癒しと心の平安がもたらせれることを、祈っています
そして震災で命を落とした方々と関連死で亡くなった2万2千余の御霊の安らかなことを、祈っています。
それしかできない私ですが,,,
災害サバイバーのある方がふと漏らした言葉が思い起こされます。『震災記念日とか慰霊祭とか、その日だけ特別のように取り上げられても〜なんだかね〜』と言われたこと。大切な人を喪って人生を奪われた、そう言っても決して過言でない当事者にとっては、8x365日、毎日が慰霊の日ということなのでしょう。謙虚にさせられます。

被災地のことを決して忘れたわけではありませんが、この4年間、かの地へ支援に赴けなかった理由は、我が娘が慢性病を発症し、人生を奪われた彼女の苦しみと、共に向き合い支えていたということがあります。(先月『様々な喪失に目を向ける』という死別以外の喪失について講演し、障害者・慢性病患者の悲しみについて話したきっかけでもあります)

誰しも幸福な人生を希求し思い描いた人生を生きたいと望むもの、しかし人生には様々な苦難が起こりえて、『私には幸福な人生は望むべくもない』と悲しむ人がいることを忘れてはならないと思うに至りました。しかし世に言う「幸せな人」でなくても、「不幸せな人」であってもかまわない、懸命に生きる道があって神は決して見放さない。その中から「不幸せな人」にも癒しと小さな幸せが用意されていると思うこの頃です。

グリーフ・カウンセリングに携わって12年、私はほんの少し人の苦しみに近寄れたかな〜と思っています。



# by yoshikos11 | 2019-03-11 11:32 | Comments(7)

大薮順子さんGCCで講演!!

 大薮順子さんGCCで講演!!_f0101220_00102903.jpg2月16日(土曜)第9期GCC強化セミナーを開催しました。今回のテーマは『様々な喪失に目を向ける』ですが、死別のように、誰の目にも明らかに「喪失」とわかるネガティブ経験に限らず、時にはそれに匹敵するか、それ以上に”つらい”かもしれないのに、我々の目には見えない「喪失」について見て行こうという試みです!
第一部では、ゲスト・スピーカーに、大薮順子(おおやぶ のぶこ)さん(フォトジャーナリスト)を迎えてご講演いただきました。第二部では、私が死別以外の重大喪失を取り上げ、「終わりのない喪失」や「あいまいな喪失」そしてそれに伴う「慢性的悲しみ」について話しました。

 ブログでは大藪さんの講演を中心に書こうと思います。
 私は大薮さんの著書『立ち上がる選択・Stand』を数年前に読んで非常に感動し、いつかGCCへお招きしたい、お会いしたいとずっと思っていました。そして夢の実現でした!

 大薮さんは米国でフォトジャーナリストとして活躍中に、レイプの被害を受けました。あれから19年経った今、その時の恐怖をリアルに語ってくださった。『殺されると思った』『そこで決心したこと〜何としても生きなければ』『だから加害者に従う選択をした』と。なんという選択!
 事件以降、平和で安全と思っていた自身の世界が、自宅が、生活が全て破壊された、どこにいても恐怖に覆われて、安住の場所は失われた。明るくおおらかで幸せだった自分がいなくなった。もはや元の自分に戻ることができない、元の生活を取り戻すことができない。『なぜ何も悪くない自分がこんな目に合わなければいけないの?』と問い続けたそうです。その苦しみは計り知れない。

 その後犯人は逮捕され処罰されたそうですが、彼女が失ったものの大きさに比べて、刑罰はあまりにも軽く、正義は晴れない。そこで大薮さんは、米国の法制度改正を訴え、裁判を起こした〜まさに   立ち上がったのです!そして勝訴!!犯人は当初より10倍重い刑罰〜禁固刑20年を課せられました。米国のレイプ刑では異例のことでマスコミも大きく取り上げました。

 被害者という弱いものの立場で、日本女性が異国の地で、どこからこのような勇気が湧いたのか、私はずっと信じられませんでした。しかし今回、直接ご本人の語りを聞いて、そのスケールの大きい人柄、人間的魅力に触れて、「大薮さんだからこそできたのだ」と納得し、勇気をもらいました。

 現在大薮さんは、弱い立場の子どもたち、特に、親の都合で異文化圏から日本に移住することになった子どもたち、交通遺児たち、虐待にあった子どもたち、などの支援に携わっているそうです。子どもの傷みについて語る時、大薮さんの目に涙が溢れる。彼女だから、「人の傷みをわかる人」だから、できる支援、大薮さんの今後ますますの活躍を祈りたいです。

 





# by yoshikos11 | 2019-02-21 00:14 | Comments(2)

新年は英国で迎えました(1)

新年は英国で迎えました(1)_f0101220_03011897.jpg2019年、心あらたに、神聖な気分で、まっさらのブログページに向かっています。
グリーフ・カウンセリングに携わって12年経ちました。

今年もカウンセリングの活動を大切に、「GCCの門戸を叩いて良かった!」とクライエントさんたちに思っていただけるように誠心誠意務めていきたいと思っています。
よろしくお願いします!

お正月は英国在住の娘一家を訪問してきました。
1年半ぶりに会った孫(12歳男児)はいつしか背丈が163センチ。とっくに追い越されてました。
娘の飼い犬(14歳イングリッシュ・コッカスパニエル)は人間でいえば98歳。目が見えなくなり、耳も聞こえなくなり、でも野原を走り回り、頑張って生きている姿がけなげでした。(ドッグフレンドリーな英国で犬は長生きか?)

英国の冬はどんよりと曇りがち。少し陰鬱な感じですが、英国人たちは寒空の下でも、少々小雨が降っても、公園や森の中を散歩するのが大好きですね。私も彼らと共に自然の中で心を癒すことができました。

おかで心のバランスを取り戻し、今年はグリーフの他に色々視野を広げていきたいと思っています。
(写真上・ランカスターにある原生林の散歩道で)
新年は英国で迎えました(1)_f0101220_03095558.jpg
(写真上・視聴覚機能を失ってもけなげに生きる娘の愛犬ボンゾーと)

英国事情続きは後日に



# by yoshikos11 | 2019-01-19 03:23 | Comments(4)