夫の命日、至近距離

 
f0101220_13311355.jpg秋は行事が多いですが、私のメイン・イベントは11月8日の夫の命日です。彼が亡くなって15年になります講座では「命日シンドロームといって、記念日が近づくと、遺族は何となく気持ちが落ち着かない」などとお話していますが、実は私にもそんな感じがありますね!

 さすがに15年経つと、悲しみに沈むとか落ち込むとかいうことはありませんが、何となく物思いに耽ることが多く、故人とユカリのある何かをやりたいと思うようです。たまたま、私の幼なじみの友人は、今週がご主人のご命日(6年目)だったのですが、やはり心が「ざわざわする」と言っていました。彼女は10月末、私は11月初め、互いに時期同じくして気持ちを分かり合いました。

 故人にユカリのある何か、ということで今年もメモリアル・カードを手作りしました。生前、夫を知っていて下さった方々へ、お送りする予定です。年中、時間不足の私には、ちょっと「大それた」計画であったことに、着手後間もなく気がついたのですが、後へは引けません。

 銀座の伊東屋でカード用紙と封筒の購入に始まり、挿入用写真探し(パソコンでダウンロード〜これは次女が助けてくれました)挿入用「詩」の選択、ご挨拶の文章作成、カードのレイアウトなど、プリントアウトに漕ぎ着けるまで、試行錯誤の連続で、3週間はかかった気がします。
 
 やっと昨晩、80セットを完成!宛名のラベルはりも終わったら、達成感と同時に疲れもドット出たと言うのが正直なところです!(実は、昨年は知人でデザイナーの方が、メモリアル・カードを作って下さったのですが、今年は彼女が病に倒れられ、お願いできなくなったのです。)

 夜更けにカード入りの封筒の山を眺めながら、夫が生前、子どもたちによく言っていたという言葉を思い出しました。「母さんは、直ぐ無理をしようとするからね〜」。昨晩は、きっと夫がそう言っているだろうと感じていましたが、「他ならぬ貴方のため、どんな無理でもやりますよ!」と応える私がいました。

 たいへんではありましたが、カード作りにあれこれ思い悩み,打ち込む間、ほのぼのとした喜び、楽しさなども充分感じていましたし、メモリアルのイベントとは、遺された者の癒しに他ならないと実感しました。

 
私のサイトもよろしく:http://gcctokyo.com
 
by yoshikos11 | 2009-10-31 14:17 | Comments(0)
<< お受験シーズン 講師冥利 >>