陸前高田・石油コンビナートのよう?

 陸前高田市、昨年暮れに訪れた際には、『かさ上げ』工事が始まって、ピラミッドのような山があっちこっちに盛られて、いずれ全部の山が繋がって、海抜5メートルの平野が整備されるのかと想像しました。

 今回現地に入り、先ず目に飛び込んで来たのは、海岸線沿いに建設された長ーいブリッジ。これはベルトコンベアで、山を切り崩した土を運搬するための装置でした。なんと総工費、120億円とか。その光景はまさに石油コンビナートを思わせました。

 ハード面では確実に復興工事が進んでいるようです。しかし再び街が再現するまで、『かさ上げ』だけでも5年掛かるそうです。震災後、既に3年間、我慢して来た被災地の方々が、さらに5年以上、どうやって辛抱し続けるのか、気の遠くなるような思いがしました。

f0101220_1835650.jpg
f0101220_1873942.jpg

ブリッジは山に繋がり、先端から土が流れ出るようになっている。
GCCのサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2014-04-25 18:17 | Comments(0)
<< 陸前高田 被災者のグリーフ(1) 陸前高田・カウンセリング訪問 >>