灯台の写真・コレクションから(1)

f0101220_22173712.jpg 灯台の写真を集めたきっかけはカナダ留学中のこと。東海岸への旅でした。ノバスコシア州のケープ・ブルトン島や、赤毛のアンで有名なプリンス・エドワード島、ケベック州のガスペッシ地方など、行く先々でユニークな灯台と出会い、魅了されました。
 その後、海辺の街では必ず灯台の絵はがきを、また海外のカードショップなどで見かけたら、イラスト画、ポスターなどを買い求めました。この10年でちょっとしたコレクションに。
 GCCのシンボルが灯台、受講生の間でもそれが好評のようです。『ブログで時々、お気に入りの灯台を紹介しますね』と先日ある方に約束したので、今回は、昨年クリスマス・ホリデーに訪ねたイギリス・ヨーク市で見つけたイラスト画を載せます。Light of the World (この世を照らす光)Hannah Dunnett の作品です。

GCCのサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2014-05-03 23:52 | Comments(2)
Commented by むう at 2014-05-04 10:13 x
なんてカラフルで心躍る灯台でしょう!
ご紹介とても嬉しいです。
夫を亡くしてから何故かとても灯台に惹かれるようになりました。
出かけた場所で、灯台に巡り合えるとなんだかとても嬉しく、
それを一緒の友人に、’灯台だ!’って興奮して話すんですが、
友人はさほど関心を持たず、という場面が多々(笑)
暗い中見守ってくれる、それが夫のような印象も覚えるし、自分自身の中に灯台の光を見出してそこに進んでいこうと思っているのかもしれませんね。
Commented by 鈴木剛子 at 2014-05-04 17:10 x
むうさん、
灯台のイラスト気に入って下さりうれしいです!灯台に人格があるわけでもなし、でも、大荒れの海の中に微動だにせず、スックと立っている姿は、頼もしい人みたいな感じがしますね。
<< 母の日 陸前高田・被災者のグリーフ(2) >>