応答構成法・ワークショップ

 f0101220_1464290.jpg心地よい五月晴れの日曜日、昨日は、 PAS 心理教育研究所主催の「応答構成法訓練プログラム」(9:30~17:00)へ参加しました。
所長の能幸夫先生、ほかにPASのセラピスト、伊藤・橋本両先生が、ご指導下さいました。
 日々、カウンセリングの現場で活躍するセラピスト/カウンセラー11名が集まり、クライエントへの介入に際して、より治療効果を上げるための、応答(レスポンス)ができるように、訓練を受けました。
 ところで、PASの建物は目黒区駒場の住宅街にあり、それは瀟洒な個だてハウス。木漏れ日の射す明るいリビング・ルームが演習の場。なんとも快適な環境でリラックスして貴重な体験が出来ました。(写真右は、PASのエントランス)

GCCのサイトもよろしく:
http://www/gcctokyo.com
by yoshikos11 | 2014-05-19 14:09 | Comments(2)
Commented by 水たまり at 2014-05-21 11:02 x
学ばれている先生に、敬意を表します
機会があったら教えてください
Commented by 鈴木剛子 at 2014-05-21 11:56 x
PASの訓練、勇気づけられました。カウンセラー個々人の「持ち味」「良いところ」は認め、褒め、励まし、工夫すべき点は明確に指摘するが、決して批判はしない。やんわりと、示唆的な助言で、受け入れやすい指導でした。
<< 過激な季節の変化 母の日 >>