グリーフワーク沖縄(GWO)10周年記念講演会

グリーフワーク沖縄(GWO)創立10周年記念講演会
(写真は講演会場・沖縄県立美術館にて、GWOスタッフの皆さんと)
f0101220_02031412.jpg
f0101220_02045621.jpg


 グリーフワーク沖縄が創立して10年、おめでたい節目に、光栄にも、ゲストスピーカーとしてお招きいただきました。
7月22日(日曜)、那覇市・沖縄県立美術館にて『様々な喪失を見すえて生きる:より広い視野でグリーフを理解するために』というテーマでお話をさせていただきました。
 前日には沖縄全域に台風10号が襲来、心配された天候も、講演会の当日には台風一過、爽やかな快晴となり、モダンで美しい県立美術館のシアターには、200名近い聴衆の方々が集まり、会場は熱気に溢れていました。

 このテーマは、ダーシー・ハリス教授(一コマ前のブログ・「IWGカナダ大会」を参照ください)が提唱した『終わりのない喪失』と『慢性的悲しみ』という喪失学とグリーフ学の新しい考え方を紐解くものです。今後、グリーフケアの理解を深めるために多くの方々に学んでいただきたい新理論なのです。

 GWOとGCCのご縁は、姉妹関係のように深く、今回この新理論、沖縄が発信地となりました。もちろんご興味のある方々、お声をかけていただければ筆者は喜んで、全国どこへでも、馳せ参じますが.(笑).沖縄の皆様のグリーフに対する関心は特別だと、常々痛感していました。
 こうした熱心さの背景には、戦後74年間、背負って来られた沖縄戦の傷跡があり、毎年6月23日を「慰霊の日」と定め、県民あげて戦没者に哀悼の意を表していることが、グリーフの視点から、彼らを象徴的で、ユニークな存在にしていると。

 そのような土地で、お話しさせていただけたことを、私は身にあまる光栄と思っています。また本テーマについてGWOのスタッフの方々と、膝を突き合わせて、本音で分かち合いができたことは、何よりの幸せと感じています。またの再会が楽しみでもあります。


by yoshikos11 | 2018-08-09 02:15 | Comments(2)
Commented by Mug at 2018-08-09 17:00 x
GWOでの講演お疲れ様でした。
お写真では懐かしいお顔も拝見でき、嬉しく思います!
Commented by 鈴木剛子 at 2018-08-09 19:34 x
mug さん、昨年GWOのスタッフの方々が、GCC集中講座に一週間、参加された時、講師の一人としてお手伝いくださいましたね。それでお顔馴染みの何人かと、写真で再会?実際の再会があると良いですね!
国際死生学会(IWG)カナダ大... >>