拳太の誕生日

 今日、9月13日は初孫、拳太の13歳の誕生日です。私は、一日感慨深い思いでいました。

 拳太は13年前、夫昌平が亡くなる2ヶ月前に誕生しました。当時、昌平は、末期ガンとの厳しい闘いを強いられていました。つらい日々を過ごしていたのです。
  そんな時に迎えた新しい命、初孫の誕生は昌平にとってどんなにうれしかったことでしょうか!
一時、苦しみも忘れて歓喜したと思います。孫誕生のニュースに家族の誰より先に、病院へ駆けつけて拳太とご対面。乳児室で沢山写真も撮りました。

 たった2ヶ月間だけの、おじいちゃんでした。しかし、自分の命の灯火が消えそうな時に、新しい命に何を思ったでしょうか? 昌平は何も言いませんでしたが、きっと「僕の命は、拳太を通して、ずっとこの世に繋がって行く」と思ったような気がします。

 拳太は、生まれた瞬間から、おじいちゃんの心の支え、そしておじいちゃんの死後、悲しみにあったおばあちゃん(私)の心を支えてくれました。

 そんなわけで、毎年拳太の誕生日には、特別な思いがあります。昌平が亡くなってからの歳月の経過を感じて来ました。しかし、今年は特に「けんちゃん、あの時、生まれて来てくれてありがとう」と感謝の気持が強いのです。

 


 
by yoshikos11 | 2007-09-13 23:52 | Comments(2)
Commented at 2007-10-09 02:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshikos11 at 2007-10-16 02:26
コメント、ありがとうございます。NHKの番組、見ていないと思います。
サイトにアクセスしたら、感想を書きますね。
<< マクロビオティック・カフェ&レ... デ−ケン先生との出会い >>