<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2018年GCC公開講座・1月&4月実施 (省みて)

報告が遅れましたが、GCCでは本年1月18日には伊藤高章先生(上智大学実践宗教学・教授)をお招きして『スピリチュアルケアの4次元』というテーマにて講演いただき、4月7日には儀賀理暁先生(埼玉医科大学総合医療センター・緩和ケア推進室)をお招きして『3.11大震災被災地支援を省みて』というテーマにて講演いただきました。
伊藤先生はスピリチュアルケアについて論理的、体系的にひも解いて下さり、学問的にはかなりハイレベル(難解?)でしたが、理論学習をかかせないGCCの受講生にとっては極めて貴重な機会で、大好評でした。
私自身は「死期の迫った患者さん」のケア(ホスピスケア)と、「最愛の人を亡くした方」のケア(グリーフ・カウンセリング)との共通点と違いについて色々考えさせられる講演でした。(そのことは別の機会に書きたいと思います)

一方、儀賀先生は『3.11大災害7年目追悼講演』と銘打ったGCCの記念行事のキーノート・スピーカーとして、ご自身の災害サバイバー支援のご体験談を沢山の映像を交えて語って下さいました。特に7年間参加された被災地での「お茶っこの会」のエピソードやスナップ写真は1000年に一度と言われる大災害の貴重な記録であり、日本人なら決して忘れてはならない出来事をずっと心に留めるために、できるだけ多くの人々に見て欲しい聴いて欲しいと思いました。
私は、緩和ケアの専門医が震災直後に『遺された方々に手を差し伸べたい」『これしかない』と瞬時に思われ、行動に移された〜その辺のお気持ちをもっと伺いたいと思いました。主催者、司会者、2役こなすのに精一杯で、ご質問しそびれてしまいましたが。
前座では、ボランティアさんたちの「追悼演奏」があり、儀賀先生はギター演奏もして下さったこともあり、参加者は音楽を聴きながら津波の犠牲になった方々と災害サバイバーの方々への思いを深め、涙するシーンも見受けられました。
(写真下、伊藤高章先生・講演会シーン、GCCの教室で) (写真上、儀賀理暁先生を囲んでGCC内宮、鈴木、ニコラ・バレホールにて)
f0101220_11570303.jpg
f0101220_11562819.jpg

by yoshikos11 | 2018-05-06 12:47 | Comments(5)