<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

グリーフワーク沖縄(GWO)10周年記念講演会

グリーフワーク沖縄(GWO)創立10周年記念講演会
(写真は講演会場・沖縄県立美術館にて、GWOスタッフの皆さんと)
f0101220_02031412.jpg
f0101220_02045621.jpg


 グリーフワーク沖縄が創立して10年、おめでたい節目に、光栄にも、ゲストスピーカーとしてお招きいただきました。
7月22日(日曜)、那覇市・沖縄県立美術館にて『様々な喪失を見すえて生きる:より広い視野でグリーフを理解するために』というテーマでお話をさせていただきました。
 前日には沖縄全域に台風10号が襲来、心配された天候も、講演会の当日には台風一過、爽やかな快晴となり、モダンで美しい県立美術館のシアターには、200名近い聴衆の方々が集まり、会場は熱気に溢れていました。

 このテーマは、ダーシー・ハリス教授(一コマ前のブログ・「IWGカナダ大会」を参照ください)が提唱した『終わりのない喪失』と『慢性的悲しみ』という喪失学とグリーフ学の新しい考え方を紐解くものです。今後、グリーフケアの理解を深めるために多くの方々に学んでいただきたい新理論なのです。

 GWOとGCCのご縁は、姉妹関係のように深く、今回この新理論、沖縄が発信地となりました。もちろんご興味のある方々、お声をかけていただければ筆者は喜んで、全国どこへでも、馳せ参じますが.(笑).沖縄の皆様のグリーフに対する関心は特別だと、常々痛感していました。
 こうした熱心さの背景には、戦後74年間、背負って来られた沖縄戦の傷跡があり、毎年6月23日を「慰霊の日」と定め、県民あげて戦没者に哀悼の意を表していることが、グリーフの視点から、彼らを象徴的で、ユニークな存在にしていると。

 そのような土地で、お話しさせていただけたことを、私は身にあまる光栄と思っています。また本テーマについてGWOのスタッフの方々と、膝を突き合わせて、本音で分かち合いができたことは、何よりの幸せと感じています。またの再会が楽しみでもあります。


by yoshikos11 | 2018-08-09 02:15 | Comments(2)

国際死生学会(IWG)カナダ大会(2)

f0101220_03093664.jpeg


 IWG カナダ大会の主催者・King's University College は 我が母校でもあり、当地(オンタリオ州・ロンドン市)には4年間住んだ思い出に満ちあふれ、King's のダーシー・ハリス教授(カナダ大会・大会長)を初め、親友たちとの再会など、学会での豊かな収穫以外にも、私にとってはノスタルジックな旅というボーナスもありました。

 留学中ご指導いただいた恩師・ジョン・モーガン教授の墓参がかかせないアジェンダでした。モーガン教授には、カナダを去る最後の夏休み、通算138時間の個人教授を受け、お別れしたのですが、日本へ帰国後5ヶ月目に先生の訃報に接しました。モーガン教授に教えを受けたカナダの学生は数千人に、その中でなぜか日本人の私が、先生の最後の「弟子」となりました。不肖の弟子ながら、不思議なご縁を感じます。

 次期IWGの大会は、2020年、アフリカのジンバブエで開催予定です。“ジンバブエで会いましょう”を合い言葉に、125名の参加者は、5泊6日の寝食を共にした仲間たちと別れたのでした。
(写真上左:モーガン教授の墓参、上右:カナダの親友、ロイスとクリス、下左:日本の参加者、川島大輔先生、カール・ベッカー先生、石井千賀子先生と会食・思い出のあるギリシャ・レストランで、下右、King's Univ. ダーシー・ハリス教授と)

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com

by yoshikos11 | 2018-08-08 01:44 | Comments(4)

国際死生学会・カナダ大会へ(1)

f0101220_19421523.jpg
(写真上、大会最終日、12組のグループがそれぞれ6日間の討議の内容を全体会で発表しました)
f0101220_02241797.jpg

(写真上、筆者が参加した分科会「複雑性グリーフ・セラピー」の仲間たち・右前・リーダーのロバート・ニーメヤー教授)


 本年、6月23日〜29日、5泊6日、カナダで開催された死生学の国際学会・International Work Group on Death, Dying, &Bereavement へ参加しました。世界中から125名の学者、研究者、臨床家たちが一同に会し、6日間に亘り、死生学の中心テーマである、終末期に関わる諸問題や患者のケア、死別喪失、グリーフ・セラピーについて、ゲストスピーカーの講演を聴講し、グループ別に分かれ分化会で討議し、意見交換し、他ではありえない有意義な学びと交流の機会を持ちました。

 特に感動したのは、私が参加したグループ「複雑性グリーフのセラピー」でのセラピスト仲間との交流でした。リーダーは敬愛するロバート・ニーメヤー教授で、少人数で先生を独占できる夢のような機会。メンバーはカナダ人(King's の教授)イスラエル人、ブラジル人(2名)、オランダ人、私の6名。それぞれが自身のセラピー事例を紹介、セラピストとしての悩みや葛藤を分かち合った経験でした。

 それはメンバー全員が、想像を絶するトラウマ的な死別を体験したクライエントに共感し、その人の苦しみを多かれ少なかれ感じて、1人のセラピストの抱える問題を共有し、彼女/彼を励ますというシーンでもありました。
 セラピストといえども人の子であり、自分の弱さや限界も感じながら、また時として個人的な問題をも抱えながら、支援の仕事に携わっている、そのことを素直に告白することで、お互いの間に他では得られない親近感と慈愛が生まれるということを、つくづくと感じさせられました。
 遥々遠くカナダの地までやって来て本当に良かったと思いました。

(国際死生学会・カナダ大会へ(2)へ続きます。合わせてお読み下さい)





by yoshikos11 | 2018-08-07 02:02 | Comments(4)