3.11震災・グリーフ神話

f0101220_153372.jpgNHKの報道番組で糸井重里氏が話していたこと「復興とは元に戻すことではない〜新たな街づくりを考えるべき」は心に残りました。
かつての街は失われたのだ〜それが災害サバイバーの方々にとって、どんなにつらいことか、一般には知られているようで、本当には理解されていない気がします。
 慣れ親しんだ風景、商店街、ご近所との往来など全てが、そこに住む人にとって、安心感のよりどころであり、それらが一瞬にして消失すれば、誰しも不安感と恐怖感を募らせて当然です。
 山を切り崩して住宅地を作っても、新しい家を建てても、かつてのご近所さんは誰ひとりとしていない、田畑も失って、日課だった農作業もできない虚しさ。これを「復興」という名の下に喜べるだろうか?
 「街の復興が元に戻すことではない」のと同様に、サバイバーの方々の喪失とグリーフからの再起再生も、決して元の自分や自分の生活を回復することではない、と強調したいです。何もかも変わってしまい、そんなことは不可能だからです。だからこそつらい〜グリーフなんですね。
 重大な喪失の後に、受け入れ難い変化を強いられる〜それを受け入れるには5年は短過ぎます。サバイバーの皆さんが、周囲の理解と真の意味の支えを得て、変化への適応に向かわれることを、切に願います。
私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2016-03-13 15:32 | Comments(4)

3.11震災・5年が過ぎた今(2)

f0101220_0435038.jpg3月11日、東北の空はどんより曇って、ちょうど5年前のあの日のよう〜と聞く。東京の空もこのところ晴れ間が見られず、早咲きの桜(写真2点)がメランコリックな雰囲気、あたかも記念日にあたり追悼しているかのよう。さすが今日ばかりはテレビで「あれから5年」と銘打って、被災地の復興のこと、サバイバーのその後について、様々報道していました。
f0101220_045097.jpg ある一家、ようやく5年経って亡くなった父親のことを家族で語れるようになった〜それも風の声という繋がっていない電話ボックスを利用して。『辛過ぎて話せなかった』という。うーん〜トラウマ的な出来事は「思い出すだけで恐ろしい」ために亡くなった愛する家族のことさえ語れなくなるのだろうか?これから父親との良い思い出など、家族内で思いっきり語り合って欲しいです。
 さてGCCでは、この災害を忘れないために、被災地支援でご縁のあった陸前高田市の老人健康保険施設『松原苑』(医療法人勝久会)の理事長、木川田典彌医師をお招きし、3.11災害と医療施設・医療施設の災害予防対策、について講演をしていただきます。災害時、大活躍の先生の経験談、真に迫ってドラマよりもリアルです!
 「備えあれば憂いなし」〜ぜひ皆さん、ご参加下さい。(席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい!お申し込みはこちらから:
http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2016-03-12 01:24 | Comments(2)

3.11震災・5年が過ぎた今

f0101220_1563670.jpg 3.11震災から5年が過ぎようとしています。微力ながらGCCは、岩手県陸前高田市や鵜住居町の支援に携わって来ましたが、日々の多忙さにかまけて、最近は思うに任せず、力不足を反省する昨今でもあります。
 しかし陸前高田でカウンセリングに来談された方々をはじめ、困難な状況の中で賢明に再起を果たそうとしている被災地の皆さんのことを思わない日はありません。
 先週、東京で岩手県釜石市・市長・野田武則氏の「よみがえる釜石」トークショーを聴講しました。復興の状況について知るまたとない機会と思って臨みました。
 野田市長といえば、震災直後に講演を聞いて感銘を受けました。当時、市役所職員やその家族、知人など多数を亡くして、個人的なグリーフの叫びを吐露され、また公的立場から一瞬にして街が崩壊、漁場・農地が壊滅、1,000人もの人命を喪失した釜石市の責任者として、全身全霊で未曾有の危機と闘うという姿勢を示されたことを良く覚えています。
 今回のお話では、釜石市は一見して順調な復興ぶりを見せているということ、たとえば、1)2019年にはワールド・ラグビーの開催決定、それに向けて鵜住居でスタジアム建設が始動、2)高炉が世界遺産に指定され観光地として活気づく兆候、3)市の中心部に着々と商業施設が再建された、など明るい話題が上げられるとのことでした。
 一方で仮設住宅から恒久住宅へ移転を果たした方々は半数に過ぎず、残りの半数は、未だに自分の家が欲しいと願いつつも叶わず、彼らにとってはラグビーや世界遺産の話などは二の次、三の次。市長はそうした現実も真摯に受けとめなければならないと訴えられました。
 そして究極は、住民の皆が釜石の主幹産業である「漁業」を守り、再興して行くことこそ最も大切な目標と力説されました。
 カウンセラーとしてはまだまだ再起再生できない方々の心の支えとして、釜石市でも支援ができないかと痛感しながら、野田氏のお話を心に留めたのでした。
私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
 
# by yoshikos11 | 2016-03-03 16:00 | Comments(2)

賀正 2016年

f0101220_2294227.jpg

あらためまして、新年のお祝辞を申し上げます。
皆様にとって本年が実り豊かな年となりますように、祈念いたします。
私は、年末年始をヨーロッパで過ごし、鋭気を養い、新年に備えました。
(写真下、英国の常緑樹、赤い実が暗い冬にアクセントを)
f0101220_2312076.jpg


本年も、カウンセらーとして、苦境にある方々が『どんなにつらい時にも、苦しい時にも、必ずいつか喜びと幸せを感じる時がやって来る』ことを信じて、苦しみに打ちのめされることなく、生きて行けるように支援にあたる所存です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 冬の寒空にも負けずに咲く白い花(英国の庭先で)f0101220_2333846.jpg



GCCのサイトもよろしく:
http://www.gcctokyo.com


 
# by yoshikos11 | 2016-01-06 03:27 | Comments(2)

サンタ・クローチェ聖堂

f0101220_20501082.jpg
フィレンツの街には無数の教会があり、有名なスポットだけでも2〜3日では到底、見学しきれません。神社仏閣が多々ある京都を思い起こさせます。一年くらい滞在して毎週教会巡りをしたら話は別でしょうけれど。

かつて、人々の生活の中心に宗教があり、社会全体が教会や仏閣を支えていたこと分かります。

f0101220_20513499.jpg
ここフィレンツで訪れたサンタ・クローチェ教会は、清貧を旨とし、貧困層の救済を目指していた聖フランシスコ修道会の最も美しい聖堂です。主聖堂は大きな体育館くらい広く、その周りに8個のチャペルがあります。(写真左、アシジの聖フランシスコ像・『平和の祈り』は有名)


f0101220_20532162.jpg
このように大規模で内部は絢爛豪華な聖堂、建設資金はその時代の富豪や権力者が出資していたと聞きます。豪華になりすぎる傾向が、会の創立者アシジの聖フランシスコのモットー「清貧」のイメージからかけ離れることを危惧し、異議を唱える宗教家もいたとのこと。

神聖なる聖堂内に、各時代のパトロン(出資者)たちの派手なモニュメントや墓が立てられていることに、違和感を感じた人は私だけではないでしょう。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2016-01-05 21:00 | Comments(2)

英国からイタリアへ

f0101220_838424.jpg

家族と暮れのひと時、イタリア・フィレンツェを訪れました。かつてイタリア企業の仕事をしていた頃、出張でしばしば訪問したイタリア、久々の訪問です。(左・大理石のモザイクが圧巻の大聖堂)
 フィレンツェは、ルネッサンス文化と芸術の宝箱。(下 ウッフィツ美術館・レオナルド・ダビンチ作 『受胎告知』)
f0101220_8393358.jpg


(下・ウッフィツィの回廊にて。天井のフレスコ画のディテールは目を見張る)

f0101220_8404636.jpg

英国マンチェスターからフィレンツェまで僅か2時間のフライト。気軽に他国へ飛べるのはヨーロッパの魅力です。
フィレンツェでは、教会建築と絵画や彫刻に、作者の深い信仰心を感じて心を打たれ、また中世基督教の限りない繁栄ぶりを目の当たりにする思いでした。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2016-01-03 09:22 | Comments(0)

英国で迎える年の瀬

年の瀬を早目に切り上げて、ヨーロッパ在住の家族とクリスマスを祝うために英国へやってきました。(英国・マンチェスターの公園で夕暮れ時の散歩)
f0101220_19504490.jpg

 f0101220_830956.jpg

2015年も秒読みで終わりを迎えます。
皆様心穏やかで平和な新年をお迎えになりますように。
今年、GCCと私のブログをご愛顧下さいましてありがとうございました。
新年も相変わりませず、どうぞよろしくお願い申し上げます。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2015-12-31 20:03 | Comments(0)

晩秋を惜しむ

f0101220_18030.jpg 

ゴールドに輝く銀杏まだ楽しめます。その葉が落ちると、いよいよ気ぜわしい年末が、足早にやってきます。アレモコレモやらなければと焦る気持を静めるために、しばし散歩に、、(東大駒場キャンパスで)


f0101220_193737.jpg>
GCCでは、来週、20期基礎講座、11期上級講座ともに最終回を迎えます。受講生の皆さん、昼間はお仕事を抱えて、毎週夜の講座に、よく頑張って通って下さいました。

今年最後の講座は、12月13日(日曜)認定カウンセラー対象の「カウンセリング技法」ですが、それをもって本年の講座は終了となります。講座の後は有志が集まって「忘年会」で締めくくります。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2015-12-06 01:43 | Comments(4)

GCC一日ワークショップ『若年で人生のパートナーを亡くす』

f0101220_181421.jpg11月15日(日)、表題のタイトルで一日ワークショップを実施しました。今回私(鈴木剛子)が講師を務め、50代で夫と死別した自身の体験談も交え、早過ぎる死(アンタイムリーな死)と遺された配偶者・パートナーの経験するグリーフについて話しました。
 共に生活を担っていた相手を、しかも人生半場にして失うことは、想定外であり、心の準備などありえず、その後の人生の再構築がいかに厳しいか、長い道のりであるか、ということについて学術的にひも解きました。若年での死別はほぼトラウマを伴い、様々な心的身体的症状を来たし、その打撃と闘いつつ、次々と生活上の変化へ対応を迫られ、対処には多大なエネルギーと時間を必要とするのです。(心身ともに弱っている上に、やるべきことが満載なのです)
 しかし世間一般は、統計的に少数派であるアンタイムリーな死別体験者に対して、ほとんど理解がありません。今回の参加者の中には同様の喪失体験をした方も数名おられましたが、参加者の全員が、この特殊なグリーフについて周囲に訴え続けて下さることを願います。
 
f0101220_1824677.jpg本ワークショップでは、ゲストスピーカー(20代でパートナーを亡くした男性)をお招きし、実体験を語っていただきました。聴衆はゲストの話に聞き入り、涙し、分かち合って下さった勇気に感銘を受けました。
 折しも去る11月8日は夫の21年目の命日にあたり、僭越ではありましたが、その日を記念する「講義」とさせていただきました。皆さんが特別な命日として下さり、また私にとって大いなる癒しと慰めを与えて下さったことに、深く感謝します。

グリーフ・カウンセリング・センターのサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2015-11-18 18:04 | Comments(4)

力動的心理療法学会・熊本

f0101220_154337.jpg 秋たけなわ、学会のシーズンでもあります。私は6日〜8日にかけて熊本で開催された、『国際力動的心理療法学会』へ参加してきました。セラピスト、カウンセラー、精神科医、看護師など,総勢130名が集まり盛況でした。
 立て看板にあるように、今回のテーマは『無力感の克服』。グローバリゼーションの進展に伴い、組織を引き立てることばかりを重視、それを支えている個人が極端に弱くされた結果、社員は働く意欲をそがれ、世の中に無力感が蔓延している〜と大会理事長の小谷英文先生は訴えました。
 カウンセリングに来談するクライエントも、それを支えるカウンセラーも、共にこうした無力感との闘いをしているとも言えそうです。
f0101220_162891.jpg
 連日長時間にわたり、講義、演習、事例研究とハードスケジュール、やや頭が飽和状態になりました。そして迎えた熊本での最後の朝、やっと少しだけ散歩の時間を見出して、熊本城まで歩きました。タイムスリップしたようで、気持が落ち着きました。

私のサイトもよろしく:http://www.gcctokyo.com
# by yoshikos11 | 2015-11-09 02:26 | Comments(0)